●難病対策とは?

●難病対策とは?

 

 

 

 

 

案件紹介も面接設定も条件交渉もすべてお任せ|スマイルSUPPORT介護

 

 

 

 

 

 

前回では、医療施設の分類について解説をしました。今回は、「難病対策とは何か?」について解説をしていきます。まずは、難病の定義について確認をしておきましょう。難病の定義とは以下のようになります。

 

 

 

 

 

  • 「発病の機構が明らかでない」
  • 「治療方法が確立していない」
  • 「希少な病気である」
  • 「長期の入院を必要とする」

 

 

 

 

 

 

このような条件を満たす事が必要です。そして、指定難病に該当すると「医療費の助成」を受けることができます。医療費の助成を受ける場合は以下の基準を満たすことが必要です。

 

 

 

 

 

 

  • 「患者数が一定数に達していない」
  • 「客観的な診断基準がある」

 

 

 

 

 

このような事項について満たす事が必要です。そして、指定難病には2018年で「300前後」指定されています。そして…

 

 

 

 

 

  • 「医療保険」
  • 「介護保険」

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

の給付が優先される。ということも理解をしておきましょう。その他には、「都道府県」では、「難病相談支援センター」が設置されています。このような事項も確認をしておきましょう。主な指定難病を以下にまとめます。

 

 

 

 

 

 

  • 「筋萎縮性側索硬化症」
  • 「進行性核上性麻痺」
  • 「パーキンソン病」
  • 「大脳皮質基底核変性症」
  • 「多系統萎縮症」
  • 「脊髄小脳変性症」

 

 

 

 

 

 

 

 

このような指定難病についても介護福祉士試験で出題される可能性があります。確認をしておきましょう。それでは、今回のまとめを行います

 

 

 

 

 

 

●まとめ
 
難病の定義は以下のとおりである

 

  • 発病の機構が明らかでない
  • 治療方法が確立していない
  • 希少な病気である
  • 長期の療養が必要である

 

 

 

 

 

「指定難病の基準を満たすと医療費助成の対象となる」

 

  • 患者数が一定数に達していない
  • 客観的な診断基準がある

 

 

 

 

 

 

「医療保険制度、介護保険制度が優先される」

 

 

 

 

 

 

 

指定難病の一覧

  • 筋萎縮性側索硬化症
  • 進行性核上性麻痺
  • パーキンソン病
  • 大脳皮質基底核変性症
  • 多系統萎縮症
  • 脊髄小脳変性症

 

 

 

 

 

 

このような事項について確認をしておきましょう。それでは、次回は…

 

 

 

 

 

 

「年金制度とは何か?」

 

 

 

 

 

 

ということについて解説をしていきます。

 

 

 

 




HOME プロフィール お問い合わせ