●社会福祉の歴史とは何だろうか?

●社会福祉の歴史とは何だろうか?

 

 

 

案件紹介も面接設定も条件交渉もすべてお任せ|スマイルSUPPORT介護

 

 

前回でも、「社会福祉の歴史」について解説をしました。今回も、引き続き、「社会福祉の歴史とはなんだろうか?」について解説をしていきます。社会福祉の歴史をたどると、ルーツとして…

 

 

「敗戦後」

 

にたどり着きます。そして終戦直後に「福祉三法」体制になります。その後に、高度経済成長期に「福祉六法」体制となります。今回は…

 

 

「老人保健法」

 

 

制定後から、解説をしていきます。老人保健法は昭和57年に制定されています。高度経済成長期が終焉する時期に制定されています。そして老人医療は原則として…

 

 

「一部負担制度」

 

 

を導入しています。その後に昭和61年のときに老人保健法が改正されました。そして、「老人保健施設」が創設されました。このような、社会福祉の…

 

 

「全体的な流れ」

 

 

について確認をしておきましょう。そして、平成元年になると「ゴールドプラン」が策定されます。そして、高齢者保健福祉推進…

 

 

「10カ年戦略

 

 

が策定されています。ゴールドプランも介護福祉士試験では、出題される可能性があります。押さえておきましょう。その後に平成9年になると…

 


 

 

「介護保険法」

 

 

が制定されています。施行は2000年からになります。そして平成9年には「グループホーム」も創設されています。平成17年になると介護保険法が改正されました。そして…

 

「介護予防サービス」
 
「地域密着型サービス」
 
「地域包括支援センター」

 

が創設されています。同時期に「高齢者虐待防止法」も制定されています。このような流れで、戦後日本の社会福祉は推移しています。それでは、内容をまとめます

 

 

●まとめ
 
「昭和57年に老人保健法が制定される」
・老人医療費、原則として一部負担導入される
 
「昭和61年に老人保健法が改正される」
・老人保健施設創設される
 
「平成元年にゴールドプランが策定される」
 
「平成9年に介護保険法が制定される」

 

 

 

このような流れについて確認をしておきましょう。それでは、次回は…

 

 

「障害者福祉の歴史とは?」

 

 

について解説をしていきます。

 

 



HOME プロフィール お問い合わせ