●社会福祉サービスの利用方法とは?

●社会福祉サービスの利用方法とは?

 

 

 

 

 

案件紹介も面接設定も条件交渉もすべてお任せ|スマイルSUPPORT介護

 

 

 

 

 

 

前回では、社会福祉法の内容について解説をしました。今回は、「どのようにして、社会福祉に関するサービスを利用するのか?」ということについて解説をしていきます。利用方法には大きく分けて…

 

 

 

 

 

 

  • 「契約制度」
  • 「措置制度」

 

 

 

 

 

 

 

の2種類があります。措置制度は「行政機関」が事業者に対して、「対象者」の入所に関する事項を「委託」します。そして、行政機関は…

 

 

 

 

 

 

「措置委託費」

 

 

 

 

 

 

を事業者に支払います。事業者は受託した「対象者」にサービスを提供する。という流れになります。施設の例としては…

 

 

 

 

 

 

  • 「養護老人ホーム」
  • 「児童養護施設」

 

 

 

 

 

 

 

などが該当します。つまり、措置制度とは、「行政機関」が「対象者」に対して「サービスの提供」について決定しています。つまり、「対象者」には…

 

 

 

 

 

 

「利用の申請権がない」

 

 

 

 

 

 

 

ということが特徴です。そして、措置制度では、本人や「扶養義務者」から負担能力に応じた費用を「徴収」します。つまり措置制度では…

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 
「応能負担」

 

 

 

 

 

 

 

ということが特徴です。一方で介護保険では、「利用契約」の方法を採用しています。利用者は「介護サービスを受けたい」と思った場合は市町村に対して…

 

 

 

 

 

 

 

「要介護認定の申請」

 

 

 

 

 

 

 

を行います。そして、申請に基づいて、支給決定を行います。その後に介護事業者と「契約」を結ぶ。という流れになります。該当施設としては…

 

 

 

 

 

 

  • 「介護保険施設」
  • 「居宅サービス」

 

 

 

 

 

 

 

などが該当します。そして、「応益負担」である。ということも特徴です。介護福祉士試験では、頻繁に出題される部分です。必ず押さえておきましょう。このように介護サービスを利用する場合は…

 

 

 

 

 

 

  • 「措置制度」
  • 「利用契約」

 

 

 

 

 

 

 

があることを理解しておきましょう。それでは、今回の復習を行います。

 

 

 

 

 

 

●まとめ
 

  • 「介護サービスには、措置制度と利用契約制度がある」
  • 「措置制度は行政機関が措置決定を行なう」

 

 

 

  • 「利用契約制度では、介護サービスを利用したい場合は、市町村に申請を行なう」
  • 「措置制度は応能負担である。」

 

 

 

 

 

  • ・本人や扶養者の能力に応じて負担をする
  • 「契約制度は応益負担である」
  • ・サービス利用者に対して一定割合を負担させる

 

 

 

 

 

 

 

 

このような違いについて理解をしておきましょう。

 

 

 

 

 




HOME プロフィール お問い合わせ