●社会福祉法の内容とは?

●社会福祉法の内容とは?

 

 

 

 

 

案件紹介も面接設定も条件交渉もすべてお任せ|スマイルSUPPORT介護

 

 

 

 

 

 

前回では、社会福祉法の概要について解説をしました。今回も引き続き、「社会福祉法とは何か?」について解説をしていきます。そして…

 

 

 

 

 

「社会福祉の歴史」

 

 

 

 

 

 

について解説をしていきます。社会福祉の歴史をたどる場合、社会福祉に関する法律について知識を得る必要があります。最初に制定された法律は…

 

 

 

 

 

 
「福祉三法」

 

 

 

 

 

 

になります。すなわち「児童福祉法。身体障害者福祉法。生活保護法」となります。敗戦直後に制定されています。その後に、精神障害に関する法律が制定されています。その後に…

 

 

 

 

 

 

 

「社会福祉法」

 

 

 

 

 

 

 

が制定されました。そして、社会福祉法では、「社会福祉事業」「社会福祉事務所」「社会福祉法人」などについての法律が制定されました。このように、社会福祉法は福祉を構成する…

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 
「中心的な法律」

 

 

 

 

 

 

 

となります。介護福祉士試験でも出題される可能性があります。必ず押さえておきましょう。そして、その後の高度経済成長期のときに以下の法律が制定されました。

 

 

 

 

 

 

  • 「知的障害者福祉法」
  • 「老人福祉法」
  • 「母子及び父子並びに寡婦福祉法」

 

 

 

 

 

 

が制定されました。このようにして「福祉六法体制」が成立しました。そして、平成の時代になると「発達障害者支援法」が成立しました。その後に…

 

 

 

 

 

 

「障害者総合支援法」

 

 

 

 

 

 

 

が成立しています。障害者総合支援法は、障害者福祉の中心的な法律となります。必ず押さえておきましょう。障害者総合支援法の内容は以下のとおりです。

 

 

 

 

 

  • 「自立支援給付」
  • 「地域生活支援事業」
  • 「補装具」
  • 「自立支援医療」

 

 

 

 

 

 

このような事項について確認をしておきましょう。それでは、今回のまとめを行います。

 

 

 

 

 

 

 

●まとめ

  • 「福祉三法は終戦直後に制定されている」
  • 「福祉六法体制は高度経済成長期に制定されている」
  • 「社会福祉は社会福祉法を基礎としている」
  • 「障害者総合支援法は、障害者福祉の基礎となる」

 

 

 

 

 

このような事項について確認をしておきましょう。それでは、次回は…

 

 

 

 

 

 

「どのようにして、社会福祉サービスを利用するのか?」

 

 

 

 

 

 

 

解説をしていきます。

 

 

 

 

 




HOME プロフィール お問い合わせ