●社会保障制度の概要とは?

●社会保障制度の概要とは?

 

 

 

 

 

案件紹介も面接設定も条件交渉もすべてお任せ|スマイルSUPPORT介護

 

 

 

 

 

 

前回では、障害者の虐待について解説をしました。今回は、「社会保障制度の概要とは?」について解説をしていきます。社会保障制度の目的とは…

 

 

 

 

 

 

「健康で文化的な生活」

 

 

 

 

 

 

 

を保障するために存在します。そして、社会保障では、「病気、怪我」「死亡」「障害」「老化」「失業」「出産」などに対応しています。そして、社会保障には以下の機能があります。

 

 

 

 

  • 「社会的セーフティネット」
  • ・社会的な安全装置

 
 

 

 

 

  • 「所得再分配機能」
  • ・所得格差の縮小

 
 

 

 

 

  • 「リスク分散」
  • ・社会全体でリスクを背負う

 
 

 

 

 

 

 

  • 「社会の安定・経済の安定」
  • ・経済の安定効果

 
 

 

 

 

 

 

このように、社会保障には「社会の安全装置」としての機能があります。介護福祉士試験でも、このような事項が出題される場合があります。必ず押さえておきましょう。そして、社会保障には大きく二種類に分類できます。

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

  • 「社会保険」
  • ・保険の仕組みで運営される

 

 

 

 

 

 

 

  • 「社会扶助」
  • ・税金を中心に運営される

 

 

 

 

 

 

 

 

このように、社会保障には「社会保険」と「社会扶助」により運営される。ということを理解しておきましょう。そして社会保険には以下の5種類があります。

 

 

 

 

  • 「年金保険」
  • 「医療保険」
  • 「雇用保険」
  • 「労災保険」
  • 「介護保険」

 

 

 

 

 

そして社会扶助には、以下の6つの類型があります。

 

 

 

 

 

 

  • 「老人福祉」
  • 「障害者福祉」
  • 「児童福祉」
  • 「母子福祉」
  • 「公的扶助(生活保護)」
  • 「社会手当」

 

 

 

 

 

 

このような種類があります。それでは、今回の内容についてまとめます。

 

 

 

 

 

 

●まとめ
 
 

  • 「社会保障とは、健康で文化的な生活を保障する機能である」
  • 社会保障には以下の4つの機能がある

 

 

  • 社会的セーフティ機能
  • 所得再分配
  • リスク分散
  • 社会の安定

 

 

 

 

 

 

そして、社会保障制度には、大きく二種類にわけることができます。

 

 

 

 

 

  • 「社会保険(保険の仕組みで運営される)」
  • 「社会扶助(税金を中心に運営される)」

 

 

 

 

 

このような機能が社会保障には存在します。それでは、次回は…

 

 

 

 

 

 

 
「社会保険制度の概要とは?」

 

 

 

 

 

 

 

 

について解説をしていきます。

 

 

 




HOME プロフィール お問い合わせ