●訪問介護と身体介護とは?

●訪問介護と身体介護とは?

 

 

 

 

 

 

案件紹介も面接設定も条件交渉もすべてお任せ|スマイルSUPPORT介護

 

 

 

 

 

 

前回では、訪問介護の概要について解説をしました。今回は、訪問介護と身体介護とは?について解説をしていきます。訪問介護は…

 

 

 

 

 

  • 「身体介護」
  • 「生活援助」

 

 

 

 

 

 

について分類されています。介護福祉士試験では、「身体介護」について出題される場合があります。身体介護とは以下の支援内容を行います。

 

 

 

 

 

  • 「利用者の身体に直接接触して行なうサービス」
  • 「利用者の自立支援を行なう」
  • 「特段の専門配慮をもって、心身の介護を行なう」

 

 

 

 

 

 

このような事項が、身体介護の内容となっています。そして、身体介護については、「医療行為」について出題される場合があります。医療行為とは…

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

「医療関係の資格」

 

 

 

 

 

 

を有していないと、行えない業務である。と定義されています。そのために、身体介護を行う場合は「医療行為でないもの」について明確にしておく必要があります。以下に医療行為に該当しない行為について記します。

 

 

 

 

 

●医療行為に該当しない行為の例

 

 

  • 体温測定
  • 血圧測定
  • パルスオキシメーター装着

 

 

  • 軽微な切り傷の処置
  • 軽微な擦り傷の処置
  • 軽微なやけどの処置

 

 

  • 軟膏の塗布
  • 湿布の貼付
  • 点眼

 

 

 

  • 内用薬の内服
  • 座薬の挿入

 

 

 

  • 爪の手入れ
  • 口腔清拭など

 

 

 

このような事項が「医療行為に該当しない」と定義されています。しっかりと確認をしておきましょう。そして、所定の研修を受けた者は一定の条件下で…

 

 

 

 

  • 「たんの吸引」
  • 「経管栄養」

 

 

 

 

 

を実施できます。介護福祉士試験では、医療行為について出題されます。しっかりと整理をしておきましょう。それでは、今回の内容のまとめを行います。

 

 

 

 

 

●まとめ

 

 

 

 

 

  • 「身体介護は利用者の自立支援が目的の一つである」
  • 「医療行為について把握をしておく」
  • 「一定の条件を満たすと、たんの吸引や経管栄養を実施できる」

 

 

 

 

 

 

このような事項について確認をしておきましょう。それでは、次回は、…

 

 

 

 

 

「利用者の負担とは?」

 

 

 

 

 

 

について確認をしておきましょう。

 

 

 

 

 




HOME プロフィール お問い合わせ