●必要に迫られて終活を行う場合とは?

●必要に迫られて終活を行う場合とは?

 

 

 

 

案件紹介も面接設定も条件交渉もすべてお任せ|スマイルSUPPORT介護

 

 

 

 

 

前回では、終活に関心をもつきっかけについて解説をしました。今回は「●必要に迫られて終活を行う場合とは?」について解説をしていきます。…

 

 

 

 

 

 

 

「終活を行う場合」

 

 

 

 

 

 

 

必要に迫られて終活を行う人もいます。例えば、「がん」などで余命宣告を受けた人などが該当します。多くの場合…

 

 

 

 

 

 

 

「本人」

 

 

 

 

 

 

 

も家族も不安と恐怖に苛まれます。そして、戸惑う場合もあります。最初は現実を「拒否」して受け入れない場合があります。しかし…

 

 

 

 

 

 

 

「後々に」

 

 

 

 

 

 

 

現実を受け入れて、残された人生を有意義に過ごすことを考えるようになります。そして、「終末期」のことを考えるようになります。家族が…

 

 

 

 

 

 

 

「困らないように」 

 

 

 

 

 

 

 

葬儀についての希望を徐々に思案するようになります。このような場合、エンディングノートを活用するとよいでしょう。…

 

 

 

 

 

 

 

「エンディングノート」

 

 

 

 

 

 

 

に自分の終末期、亡くなった後の手続きについて明記しておくことで、後々のトラブルを防止することができます。いずれにしろ終活を行う場合…

 

 

 

 

 

 

 

「健康な状態」

 

 

 

 

 

 

 

の時に、実践をしておくことがよいでしょう。そして、自分の「気力、体力、判断力」が充実している状況で、終活を開始するのが…

 

 

 

 

 

 

 

「ベスト」

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

な状態である、と言えます。そして、終活を実践する場合、まずは「情報収集」を入念に行いましょう。そして、家族と…

 

 

 

 

 

 

 

「不安」

 

 

 

 

 

 

 

や「悩み」を共有しましょう。このように、身近な人と共同で「考える」ことも大切です。そして、将来の不安やトラブルなどの…

 

 

 

 

 

 

 

「危険因子」

 

 

 

 

 

 

 

を減少させるようにしましょう。自分の要望を家族に知ってもらうことで、将来発生する可能性がある「トラブルの防止」も…

 

 

 

 

 

 

 

「可能」

 

 

 

 

 

 

 

になります。このように、将来発生する可能性がある「危険因子」を除去することが大切です。そして、それによって…

 

 

 

 

 

 

 

「生命の質」

 

 

 

 

 

 

 

を高めることが可能になります。生命の質が高まることは「不安」や「恐怖」の軽減にもつながります。このように終活を…

 

 

 

 

 

 

 

「危機管理」

 

 

 

 

 

 

 

の一環として行うとよいでしょう。それでは、「必要に迫られて終活を行う場合とは?」についてまとめます。

 

 

 

 

 

 

 

●必要に迫られて終活を行う場合

 

 

 

○基本事項

  • ・がんなどで余命宣告を受けた人の場合、終活が必要なケースがある
  • ・何らかの理由で、終末期を予見できる場合も、終活が必要な場合がある

 

 

 

 

 

 

 

○拒否的反応

  • ・最初は、本人も周囲の人も不安と恐怖に苛まれる場合がある
  • ・徐々に現実を受け入れる

 

 

 

 

 

 

 

○終活の実践

  • ・終末期について意思表示をする
  • ・家族が困らないように、、葬儀や終末期について話し合う
  • ・エンディングノートを活用する

 

 

 

 

 

 

 

○終活の意義

  • ・将来発生しうるトラブルを未然に防止する
  • ・自らの生命の質を向上させる
  • ・家族の不安な気持ちを和らげる

 

 

 

 

 

 

 

このような事項について理解をしておきましょう。終活を実践する場合、重要になります。それでは、次回は…

 

 

 

 

 

 

「●終活の成功の秘訣とは?」

 

 

 

 

 

 

 

について解説をしていきます。

 

 

 

 




HOME プロフィール お問い合わせ