●老後の不安を減らすためには?

●老後の不安を減らすためには?

 

 

 

 

案件紹介も面接設定も条件交渉もすべてお任せ|スマイルSUPPORT介護

 

 

 

 

 

 

前回では、介護者や医療者に自分の意志を伝達する方法について、解説をしました。今回は…

 

 

 

 

 

 

 

「●老後の不安を減らすためには?」

 

 

 

 

 

 

 

について解説をしていきます。老後の不安を減らすための方法としても、終活は有効です。終活とは、特別な…

 

 

 

 

 

 

 

「方法」

 

 

 

 

 

 

 

ではなく、長期的な生活設計です。人生を総合的な視点で長期的な生活設計を行うために、老後の生活を…

 

 

 

 

 

 

 

「可視化」

 

 

 

 

 

 

 

できます。老後の生活を「見える化」できると、将来、どの程度、「お金が必要か?」認識できます。そして、様々な…

 

 

 

 

 

 

 

「手続きの方法」

 

 

 

 

 

 

 

後見人の選任、財産管理、葬儀などについても把握できます。更には、緊急時の対応なども、明確化できます。このように…

 

 

 

 

 

 

 

「終活」

 

 

 

 

 

 

 

とは、長期的な生活設計であり、老後の危機管理でもあります。終活を行うと、危機的な状況を未然に防止できるために…

 

 

 

 

 

 

 

「不安」

 

 

 

 

 

 

 

を減少させることができます。介護保険法の条文にも明記されているように、加齢に伴って生ずる、心身の変化により…

 

 

 

 

 

 

 

「要介護状態」

 

 

 

 

 

 

 

に陥ると、入浴、排泄、食事などの日常行為に対して他者の介助が必要になります。そのような、状態に陥った場合、…

 

 

 

 

 

 

 

「終活」

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

を行っていないと、うまく対応できないかもしれません。身体的な苦痛に加えて、「精神的なショック」も計り知れません。何事も…

 

 

 

 

 

 

 

「事前準備」

 

 

 

 

 

 

 

が出来ていないと、物事は良くない方向に進みやすくなります。災害などに備える防災対策と同様に終活を実践することで…

 

 

 

 

 

 

 

「老後の不安」

 

 

 

 

 

 

 

を減少させることができます。そして、生活の質(QOLが向上)することにより、自分らしく生きることができます。QOLが…

 

 

 

 

 

 

 

「向上」

 

 

 

 

 

 

 

すると、介護予防につながります。要介護状態を予防できると、生産的な活動も行うことができます。その結果、政府が推進する…

 

 

 

 

 

 

 

「生涯活躍社会」

 

 

 

 

 

 

 

とも合致します。このように、終活とは、政府が推進する「生涯活躍社会」と目指す方向性は一緒です。そして、国家が定める法律である…

 

 

 

 

 

 

 

「介護保険法」

 

 

 

 

 

 

 

の条文にもあるように、国民の保険医療の向上及び福祉の増進とも合致します。そして、国連が定める「高齢者のための原則」とも…

 

 

 

 

 

 

 

「合致」

 

 

 

 

 

 

 

します。このような事項についても認識をしておきましょう。終活を行う場合、重要になります。それでは、老後の不安を減らすためには?についてまとめます。…

 

 

 

 

 

 

 

●老後の不安を減らすためには

 

 

○基本事項

  • ・終活を実践することにより、生き方が明確になる→(不安が減る)
  • ・今後の人生について、問題点や不安が明確になる
  • ・不安や問題点が明確になることで、解決策が明らかになる

 

 

 

 

 

 

 

○終活の根拠(国連の高齢者のための原則)

  • ・自立→自助努力の支援、安全な環境に住むことができる(危機管理)
  • ・参加→社会の一員として、積極的に社会参加できる(孤立の防止)
  • ・ケア→介護と保護、医療を享受できる(緊急時の支援)
  • ・自己実現→教育的、文化的、精神的資源を享受できる(精神的な不安を軽減できる→終活など)
  • ・尊厳→肉体的、精神的虐待のない生活を送ることができる(高齢期の危機管理→終活)

 

 

 

 

 

 

 

○終活の根拠

  • ・介護保険法→介護、保健、医療等の向上、福祉の増進を図ることができる
  • ・生涯活躍社会→誰もが自分らしく不安のない老後生活を享受できる

 

 

 

 

 

 

 

このような事項について確認をしておきましょう。終活を実践する場合、重要になります。それでは、次回は…

 

 

 

 

 

 

 

「●老後のお金の不安を解消する方法とは?」

 

 

 

 

 

 

 

 

について解説をしていきます。

 

 

 

 




HOME プロフィール お問い合わせ