●老後の後悔を少なくするためには?

●老後の後悔を少なくするためには?

 

 

 

 

 

案件紹介も面接設定も条件交渉もすべてお任せ|スマイルSUPPORT介護

 

 

 

 

 

 

前回では、終活を行う必要性について解説をしました。今回は「●老後の後悔を少なくするためには?」について解説をしていきます。…

 

 

 

 

 

 

 

「老後の後悔」

 

 

 

 

 

 

 

を減らすためにも、終活は有効は方法です。終活とは「緊急時の総合マネジメントである」と定義できます。つまり、終活とは…

 

 

 

 

 

 

 

「緊急時対応プログラムである」

 

 

 

 

 

 

 

とも定義できます。政府の調査でも、高齢期には様々な悩みや不安があることが理解できます。中でも…

 

 

 

 

 

 

 

  • 「自分が寝たきりになっても、お世話をしてくれるだろうか?」

 

 

 

 

 

 

  • 「自分が認知症になっても、支援をしてくれるだろうか?」

 

 

 

 

 

 

 

と不安を抱えている中高年は大勢います。このような不安を払拭する方法としても終活は有効です。なぜなら終活とは長期的な人生設計を行うことであり…

 

 

 

 

 

 

 

「緊急時の対応プログラム」

 

 

 

 

 

 

 

でもあるからです。このように、終活とは、「長期的な人生設計」であり、「緊急時の対応プログラム」でもあるので、事前に自分の…

 

 

 

 

 

 

 

「意思」

 

 

 

 

 

 

 

や「希望」を伝えておくことは重要です。しかし、日本には自分の希望を他者に伝える、という習慣が希薄です。そのため、人によっては自分の希望を…

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

「伝えては、いけないのではないか?」

 

 

 

 

 

 

 

という人がいます。しかし、高齢期や終末期は自分の大切な時間です。自分が後悔の無い様に、不安が無い様に…

 

 

 

 

 

 

 

「生きる」

 

 

 

 

 

 

 

ことが何より重要です。逆に考えると、日本には自分の希望を他者に伝達する習慣が無いために、終活の必要性はより…

 

 

 

 

 

 

 

「高い」

 

 

 

 

 

 

 

ということが言えます。それでは、どのような事柄について他者に自分の希望を伝達すればよいのでしょうか。以下にまとめます。

 

 

 

 

 

 

 

●老後の後悔を少なくするためには

 

 

 

 

 

○基本事項

  • ・老後の不安を抱えている中高年は多い
  • ・自分に緊急的な事柄が発生した場合、他者が支援をしてくれるか、心配をしている人が多い
  • ・日本には自分の意思や希望を他者に伝える習慣が無い
  • ・自分の意思や希望を家族などに伝達することが、老後の後悔を少なくさせる

 

 

 

 

 

 

 

○老後の後悔を少なくするために必要なこと

  • ・延命治療の有無について明確にしておく
  • ・介護を、どのようにして欲しいのか、伝えておく
  • ・葬儀やお墓についての希望も伝達しておく
  • ※費用面なども明確にしておく

 

 

 

 

 

 

 

このように、老後の後悔を減少させるためには、事前に自分の希望を家族などに伝達しておくことです。そして…

 

 

 

 

 

 

 

「文書化」

 

 

 

 

 

 

 

しておくとよいでしょう。このように、終活を行うことにより、老後の後悔を減少させることが可能になります。それでは、次回は…

 

 

 

 

 

 

 

「●介護者や医療者に自分の意志を知ってもらう方法とは?」

 

 

 

 

 

 

 

 

について解説をしていきます。

 

 

 

 

 

 




HOME プロフィール お問い合わせ