●終活と少子化とは?

●終活と少子化とは?

 

 

 

 

案件紹介も面接設定も条件交渉もすべてお任せ|スマイルSUPPORT介護

 

 

 

 

 

 

前回では、終活の知識について解説をしました。今回は「●終活と少子化とは?」について解説をしていきます。終活と少子化の影響は…

 

 

 

 

 

 

 

「大きい」

 

 

 

 

 

 

 

といえます。なぜなら、少子化により、人口構成が大幅に変化をするからです。その結果、昔のように、大勢の…

 

 

 

 

 

 

 

「現役世代」

 

 

 

 

 

 

 

により、高齢者を支えることが困難になっています。そのような状況であるために、年金制度も将来的には存続を…

 

 

 

 

 

 

 

「危ぶまれて」

 

 

 

 

 

 

 

います。このような状況であるために、やはり、早い段階から「将来の設計」を行う必要があります。このように、終活とは…

 

 

 

 

 

 

 

「特別な行為」

 

 

 

 

 

 

 

ではなく、将来設計の一部である、と理解をすると良いでしょう。実際に厚生労働省や総務省が公表しているデータを参照すると…

 

 

 

 

 

 

 

「明治期」

 

 

 

 

 

 

 

と現代を比較すると寿命が大幅に伸びていることが認識できます。しかし、昭和30年代と現代を比較すると…

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

「若い世代」

 

 

 

 

 

 

 

が大幅に減少していることがわかります。そのために、少ない現役世代で多くの高齢者世代を支えることは困難になります。したがって…

 

 

 

 

 

 

 

「自分の老後」

 

 

 

 

 

 

 

や将来に備えることが重要になります。このように、現代は「超高齢化社会」に突入しています。超高齢化社会とは…

 

 

 

 

 

 

 

「65歳以上」

 

 

 

 

 

 

 

の人口の割合が21%以上となる社会のことを言います。そして、単身者の高齢者も増加しています。このように…

 

 

 

 

 

 

 

「家族」

 

 

 

 

 

 

 

や知人に大きな負担をかけないように、自分の終末期の準備を行う必要が増加しています。そして、自分自身の人生に対して…

 

 

 

 

 

 

 

「不安」

 

 

 

 

 

 

 

を減少させるために、終活を行う人もいます。そして、老後期や終末期に発生する危険因子を減少させるために、…

 

 

 

 

 

 

 

「終活」

 

 

 

 

 

 

 

を行うことも有用です。それでは、終活と少子化について簡潔にまとめます。

 

 

 

 

 

 

 

●終活と少子化

 

 

○基本事項

  • ・少子化により、現役世代が減少した
  • ・現役世代が、減少することにより、社会制度を維持することが困難になった。
  • ※年金制度など
  • ・社会構造の変化により、自分の将来について備えることが必要になった

 

 

 

 

 

 

 

○将来設計

  • ・終活とは、特別なことではない
  • ・終活とは、将来に備える生活設計のことである

 

 

 

 

 

 

 

○終活の意義

  • ・終活を行うことにより、家族や知人の負担を大幅に減少できる
  • ※延命治療などの決定など、家族等の精神的負担を軽減できる
  • ※自分の親の終末期を決定する精神的重圧を軽減できる
  • ・老後や終末期について考えておくことで、不安や恐怖を軽減できる
  • ・終活を行うことにより、老後に発生する危険因子を減少できる
  • ※経済破綻、特殊詐欺などの犯罪など

 

 

 

 

 

 

 

このような事項について把握をしておきましょう。終活を行う場合、重要になります。それでは、次回は…

 

 

 

 

 

 

 

「●終活の効果とは?」

 

 

 

 

 

 

 

について解説をしていきます。

 

 

 

 




HOME プロフィール お問い合わせ