無機質(ミネラルとは?)

無機質(ミネラルとは?)

 

 

 

 

案件紹介も面接設定も条件交渉もすべてお任せ|スマイルSUPPORT介護

 

 

 

 

 

 

前回では、水溶性ビタミンについて解説をしました。今回は「無機質(ミネラルとは?)」について解説をしていきます。…

 

 

 

 

 

 

 

「無機質(ミネラル)」

 

 

 

 

 

 

 

には、様々な種類があります。それでは、介護福祉士試験で出題されることが予想される無機質について以下にまとめます。

 

 

 

 

 

 

 

●無機質(ミネラル)

  • ・カルシウム→(作用)骨や歯などの組織をつくる。
  • ※欠乏症→骨粗鬆症
  • ○乳製品、豆類に含まれている。

 

 

 

 

 

 

 

  • ・リン→(作用)骨や歯などの組織をつくる。疲労回復効果あり
  • ※欠乏症→新陳代謝の低下
  • ○多く含まれる食材→魚類、肉類など

 

 

 

 

 

 

 

  • ・カリウム→(作用)心臓の働きを正常に保つ。
  • ※欠乏症→高血圧。不整脈
  • ○多く含まれる食材→さつまいも、大豆

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • ・マグネシウム→(作用)便通を良くする
  • ※欠乏症→虚血性心疾患
  • ○多く含まれる食材→豆腐、ナッツ、玄米

 

 

 

 

 

 

 

  • ・ナトリウム→(作用)消化液や分泌液を調整する
  • ※欠乏症→食欲不振、めまい
  • ○多く含まれる食材→梅干し、あさり

 

 

 

 

 

 

 

このような事項について確認をしておきましょう。無機質はこのように、「骨」や「歯」などの組織を作ります。そして、心臓の働きを…

 

 

 

 

 

 

 

「正常に保つ」

 

 

 

 

 

 

 

作用があることを理解しておきましょう。それでは、無機質(ミネラル)について以下に簡潔にまとめます。

 

 

 

 

 

 

 

●無機質(ミネラル)

  • ・カルシウム→骨や歯の組織をつくる
  • ・リン→疲労を回復する
  • ・カリウム→心臓の働きを正常に保つ
  • ・マグネシウム→便通を良くする
  • ・ナトリウム→消化液や分泌液の調整を行う

 

 

 

 

 

 

 

このような事項について確認をしておきましょう。介護福祉士でも出題される可能性があります。それでは、次回も引き続き…

 

 

 

 

 

 

 

「●無機質(ミネラル)とはA」

 

 

 

 

 

 

 

について解説をしていきます。

 

 

 

 

 


HOME プロフィール お問い合わせ