●消費者契約法とは?

●消費者契約法とは?

 

 

 

案件紹介も面接設定も条件交渉もすべてお任せ|スマイルSUPPORT介護

 

 

 

 

 

 

 

前回では、「消費者保護制度」について解説をしました。今回は「●消費者契約法とは?」について解説をしていきます。…

 

 

 

 

 

 

 

「消費者契約法」

 

 

 

 

 

 

 

とは、消費者の利益の擁護を図る法律です。高齢者は特に「契約トラブル」などに巻き込まれる可能性があります。そのような…

 

 

 

 

 

 

 

「トラブルを防止」

 

 

 

 

 

 

 

するためにも、基本的な事項を理解することは大切です。それでは、消費者契約法の内容について簡単にまとめます。

 

 

 

 

 

 

 

●消費者契約法

  • ・消費者が誤認した場合→契約の意思表示を取りけす
  • ・消費者の利益を「不当に関する条項」→取り消し可能

 

 

 

 

 

 

 

このような事項について確認をしておきましょう。つまり、消費者契約法とは、消費者が取引内容について「誤認」した場合など…

 

 

 

 

 

 

 

「契約を取り消す」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ことが可能になります。このような事項について確認をしておきましょう。そして下記に該当する事項について誤認をした場合、取り消しが可能になります。

 

 

 

 

 

 

 

●取り消し可能な事項

  • ・不実告知→事実と異なる事項を告げる
  • ・断定的判断→将来が不確実であるが、断定的に告げる
  • ・不利益事実の不告知→不利益になることを故意にいわない
  • ・不退去、監禁→退去させない、退去しない

 

 

 

 

 

 

 

このように、上記の事項に該当する場合、消費者契約を「取り消す」ことが可能になります。このような事項について確認をしておきましょう。介護福祉士試験でも出題される可能性があります。それでは、今回の内容をまとめます。

 

 

 

 

 

 

 

●消費者契約法

 

○基本事項

  • ・消費者が誤認した場合など、契約を取り消す事が可能
  • ・消費者の利益を害する事項など、無効にできる
  • ・消費者の権利利益を擁護する

 

 

 

 

 

 

 

○取り消し可能事項

  • ・不実告知→事実と異なることを告げる
  • ・断定的判断→将来が不確実な事項を断定する
  • ・不利益事実の不告知→不利益になることを故意に告げない
  • ・不退去、監禁→退去させない、退去しない

 

 

 

 

 

 

 

このような事項について確認をしておきましょう。介護福祉士試験でも出題される可能性があります。それでは、次回は…

 

 

 

 

 

 

 

「●特定商取引に関する法律」

 

 

 

 

 

 

 

について解説をしていきます。

 

 

 

 


HOME プロフィール お問い合わせ