●出血時などの対応とは?

●出血時などの対応とは?

 

 

 

 

案件紹介も面接設定も条件交渉もすべてお任せ|スマイルSUPPORT介護

 

 

 

 

 

 

 

前回では、異物の除去について解説をしました。今回は「●出血時などの対応とは?」について解説をしていきます。…

 

 

 

 

 

 

 

「出血時の対応」

 

 

 

 

 

 

 

としては、「直接圧迫止血法」があります。直接圧迫止血法を行う場合、「外傷性出血」がある場合、出血部位を…

 

 

 

 

 

 

 

「清潔なガーゼ」

 

 

 

 

 

 

 

で圧迫をします。そして、自らも利用者の血液に触れないように「手袋」などをしておきます。利用者の出血などに…

 

 

 

 

 

 

 

「対応」

 

 

 

 

 

 

 

できるように、直接圧迫止血法について理解をしておきましょう。それでは、直接圧迫止血法について簡潔にまとめます。

 

 

 

 

 

 

 

●直接圧迫止血法

  • ・出血部位→清潔なガーゼで圧迫する
  • ・自らも手袋を着用→血液に触れないようにする
  • ※外傷性出血がある場合

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

このような事項について確認をしておきましょう。介護福祉士試験で出題される可能性があります。その他にも…

 

 

 

 

 

 

 

「擦り傷」

 

 

 

 

 

 

 

 

の対応についても理解をしておきましょう。擦り傷の対応方法について以下にまとめます。

 

 

 

 

 

 

 

●擦り傷の対応方法

  • ・擦り傷→水道水で傷口を洗い流す

 

 

 

 

 

 

 

このような事項について確認をしておきましょう。擦り傷の対応を行う場合、患部を清潔に保持できるように、注意をしましょう。それでは、出血時の対応についてまとめます。

 

 

 

 

 

 

 

●出血時などの対応

 

○方法

  • ・出血部位→清潔なガーゼで圧迫する
  • ・血液に触れない→使い捨て手袋などを着用する
  • ※外傷性出血がある場合

 

 

 

 

 

 

 

○すり傷の対応

  • ・水道水で十分に患部を洗い流す
  • ・清潔を保持する

 

 

 

 

 

 

 

○やけどの対応

  • ・着衣は脱がさない
  • ・冷水で冷やす
  • ・水ぶくれはつぶさない

 

 

 

 

 

 

 

このような事項について確認をしておきましょう。介護福祉士試験でも出題される可能性があります。尚、応急処置を行ったあとは、医療機関を受診しましょう。それでは、次回は…

 

 

 

 

 

 

 

「●バイタルサインとは?」

 

 

 

 

 

 

 

について解説をしていきます。

 

 

 

 

 




HOME プロフィール お問い合わせ