●どのように緊急時の対応を行うのか?

●どのように緊急時の対応を行うのか?

 

 

 

 

 

案件紹介も面接設定も条件交渉もすべてお任せ|スマイルSUPPORT介護

 

 

 

 

 

 

 

前回では、緊急時の対応について解説をしました。今回は「●どのように緊急時の対応を行うのか?」について解説をしていきます。…

 

 

 

 

 

 

 

「緊急時の対応」

 

 

 

 

 

 

 

としては「窒息防止」の方法について理解をしておきましょう。高齢者は「食事中」に食物を喉に詰まらせることがあります。そして、…

 

 

 

 

 

 

 

「窒息」

 

 

 

 

 

 

 

をする場合があります。最悪の場合、食物による窒息が原因で死亡することもあります。そのような状況を防止するためにも…

 

 

 

 

 

 

 

「窒息防止」

 

 

 

 

 

 

 

の方法について確認をしておきましょう。のどに異物が詰まった場合の除去の方法は、以下の3種類あります。以下に簡単にまとめます。

 

 

 

 

 

 

 

●のどに異物が詰まった場合の対処法

 

  • ・背部叩打法→背中を叩く
  • ・指でかきだす
  • ・ハイムリック法→背後から、みぞおちをつきあげる

 

 

 

 

 

 

 

このような方法について理解をしておきましょう。介助中に利用者が窒息した場合、主に上記の方法があります。…

 

 

 

 

 

 

 

「指でかきだす」

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

場合は、自分の指にガーゼなどを巻きましょう。背部叩打法を行う場合、背中を叩きます。この場合、利用者の…

 

 

 

 

 

 

 

「意識の有無」

 

 

 

 

 

 

 

を確認します。尚、ハイムリック法を行う場合、「意識の無い人」には行いません。このような事項について確認をしておきましょう。尚、…

 

 

 

 

 

 

 

「窒息防止の体位」

 

 

 

 

 

 

 

として「回復体位」があります。回復体位とは「ややうつ伏せに近い側臥位」です。気道を確保するために、頭を…

 

 

 

 

 

 

 

「やや後ろ」

 

 

 

 

 

 

 

に反らせるようにします。このような事項について確認をしておきましょう。介護福祉士試験でも出題される可能性があります。それでは、緊急時の対応についてまとめます。

 

 

 

 

 

 

 

●緊急時の対応(のどに異物が詰まった場合)

 

 

 

 

 

○方法

  • ・指でかきだす→指にガーゼを巻きつける
  • ・背部叩打法→背中を叩く
  • ・ハイムリック法→背後から、みぞおちを突き上げる
  • ※意識の無い人には行わない

 

 

 

 

 

 

 

○回復体位

  • ・気道を確保→頭をやや後ろに反らせる
  • ・側臥位→ややうつ伏せに近い状態
  • ※舌が気道に落ち込むことを防止する
  • ※嘔吐物が原因で窒息することを防止する

 

 

 

 

 

 

 

このような事項について確認をしておきましょう。介護福祉士試験でも出題される可能性があります。それでは、次回は…

 

 

 

 

 

 

 

「●出血時などの対応とは?」

 

 

 

 

 

 

 

について解説をしていきます。

 

 

 

 

 




HOME プロフィール お問い合わせ