●終末期の定義とは?

●終末期の定義とは?

 

 

 

 

案件紹介も面接設定も条件交渉もすべてお任せ|スマイルSUPPORT介護

 

 

 

 

 

 

前回では、医療との連携について解説をしました。今回は「●終末期の定義とは?」について解説をしていきます。…

 

 

 

 

 

 

 

「終末期の定義」

 

 

 

 

 

 

 

は3種類あります。以下にまとめます。

 

 

 

 

 

 

 

●終末期の定義(死の定義)

  • ・生物学的な死
  • ・法律的な死
  • ・臨床的な死

 

 

 

 

 

 

 

このように、終末期における「死」には上記の3つの定義があります。確認をしておきましょう。それでは、生物学的な死について説明をしていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

●生物学的な死

 

 

生物学的な死とは、「すべての生理機能」が停止した状態です。そして、回復不可能な状態です。つまり、生物学的な死とは…

 

 

 

 

 

 

 

「生命維持活動」

 

 

 

 

 

 

 

を行ってきた生体の「全ての生理機能」が停止した状態です。そして、二度と回復をすることができない状態のことを意味します。確認をしておきましょう。それでは、次に…

 

 

 

 

 

 

 

「法律的な死(脳死)」

 

 

 

 

 

 

 

について解説をしていきます。

 

 

 

 

 

 

 

●法律的な死(脳死)

 

法律的な死とは「脳機能」が完全に喪失した状態です。そして、回復をすることが不可能な状態です。そして、…

 

 

 

 

 

 

 

「脳死の判定基準」

 

 

 

 

 

 

 

を満たして、「臓器提供意思」の確認を行うことができたら、「死」と認めることができます。このように、法律的な死とは…

 

 

 

 

 

 

 

「脳死状態」

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

を意味します。そして、死の定義には「臨床的な死」があります。

 

 

 

 

 

 

 

●臨床的な死

 

 

臨床的な死とは「死の三徴候」が発現したときに、「医師」が死亡と判断した状態のことを意味します。死の三徴候とは…

 

 

 

 

 

 

 

「心停止」

 

 

 

 

 

 

 

「呼吸停止」「瞳孔散大」などの状態です。このような症状が発現すれば「医師」が死亡と判断します。このような事項も…

 

 

 

 

 

 

 

「介護福祉士試験」

 

 

 

 

 

 

 

で出題されることがあります。確認をしておきましょう。それでは、今回の内容をまとめます。

 

 

 

 

 

 

 

●終末期の定義(死の定義)

 

 

○基本事項

  • ・死の定義には3種類ある

 

 

 

 

 

 

 

○生物学的な死

  • ・すべての生理機能が停止
  • ・回復不能な状態
  • ・生命維持活動を行えない状態

 

 

 

 

 

 

 

○法律的な死(脳死)

  • ・脳機能が完全に喪失した状態
  • ・脳死の判定基準が満たされた状態
  • ・臓器提供意思の確認が必要

 

 

 

 

 

 

 

○臨床的な死

  • ・死の三徴候が発現した状態
  • ・心停止
  • ・呼吸停止
  • ・瞳孔散大
  • ・医師が死亡と判断

 

 

 

 

 

 

 

このような事項を確認しておきましょう。介護福祉士試験で出題される場合があります。それでは、次回は医師が作成する…

 

 

 

 

 

 

 

「死亡診断書とは?」

 

 

 

 

 

 

 

について解説をしていきます。

 

 

 

 

 




HOME プロフィール お問い合わせ