●聴覚障害者のコミュニケーション方法とは?

●聴覚障害者のコミュニケーション方法とは?

 

 

 

案件紹介も面接設定も条件交渉もすべてお任せ|スマイルSUPPORT介護

 

 

 

 

 

 

 

 

前回では、聴覚障害者の状態について解説をしました。今回は「●聴覚障害者のコミュニケーション方法とは?」について解説をしていきます。聴覚障害者の…

 

 

 

 

 

 

 

「コミュニケーション方法」

 

 

 

 

 

 

 

は様々な種類があります。以下に簡単にまとめます。

 

 

 

 

 

 

 

●聴覚障害者のコミュニケーション方法

  • ・読話
  • ・筆談
  • ・空書き
  • ・指文字
  • ・手話

 

 

 

 

 

 

 

このように、聴覚障害者とコミュニケーションを行う場合、多様な方法があります。それでは、読話から解説をしていきます。

 

 

 

 

 

 

 

●読話

 

 

・読話を行う場合は、相手の「正面」に立ちます。そして、なるべく目線を合わせます。そして、「ゆっくり」とはっきり…

 

 

 

 

 

 

 

「口を大きく動かす」

 

 

 

 

 

 

 

ようにしましょう。このように、読話でコミュニケーションを行う場合、「口の動き」に注意をしましょう。それでは、次に「筆談」について解説をします。

 

 

 

 

 

 

 

●筆談

 

 

筆談を行う場合、「言語獲得後の失聴」の場合、有効なコミュニケーション方法です。筆談を行う場合、確実に伝達できるという…

 

 

 

 

 

 

 

「長所」

 

 

 

 

 

 

 

があります。しかし、「時間がかかる」という欠点もあります。それでは、次に「空書き」について解説をします。

 

 

 

 

 

 

 

○空書き

 

空書きでコミュニケーションを行う場合、「楷書」ではっきりと書きます。そして、相手との距離を「1メートル程度」あけるようにしましょう。それでは、次に…

 

 

 

 

 

 

 

「指文字」

 

 

 

 

 

 

 

について解説をしていきます。指文字を行う場合、指文字は「手話の補完的な機能」として使用されることがあります。そして…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「あいうえお」

 

 

 

 

 

 

 

の五十音を「指の形」で表現します。最後に「手話」について解説をします。

 

 

 

 

 

 

 

●手話

 

 

手話を用いてコミュニケーションを行う場合、「言語獲得前」の失聴に有効です。したがって、先天的に聴覚障碍を有する人と…

 

 

 

 

 

 

 

「コミュニケーション」

 

 

 

 

 

 

 

を行う場合、有効な方法です。しかし、「中途失聴者」の場合、手話を習得することが困難である、とされています。このような事項について理解をしておきましょう。…

 

 

 

 

 

 

 

「介護福祉士試験」

 

 

 

 

 

 

 

でも出題される可能性があります。それでは、聴覚障害者のコミュニケーション方法についてまとめます。

 

 

 

 

 

 

 

●聴覚障害者のコミュニケーション方法

 

 

 

○基本事項

  • ・聴覚障碍の状態によりコミュニケーション方法が異なる

 

 

 

 

 

 

 

○コミュニケーション方法

 

 

 

●読話

  • ・相手の正面に立つ
  • ・目線を合わせる
  • ・ゆっくりと口を大きく動かす

 

 

 

 

 

 

 

●筆談

  • ・確実に情報を伝達できる
  • ・情報を伝達するのに、時間を要する
  • ・中途失聴者に有効

 

 

 

 

 

 

 

●空書き

  • ・楷書でゆっくりと書く
  • ・相手との距離を1メートルぐらい空ける

 

 

 

 

 

 

 

●指文字

  • ・手話の補完的な意味で使用する
  • ・「あいうえお」の五十音を指の形で表現

 

 

 

 

 

 

 

●手話

  • ・ろう者の場合に特に有効
  • ・中途失聴者の場合、習得が困難

 

 

 

 

 

 

 

□補聴器

  • ・伝音性難聴の場合、有効
  • ・専門家による調整が必要
  • ・平均聴力レベルが50デシベル以上の場合
  • ※補聴器を使用したほうがよい、とされている

 

 

 

 

 

 

 

このような事項について理解をしておきましょう。介護福祉士試験でも出題される可能性があります。それでは、次回は…

 

 

 

 

 

 

 

「●睡眠の介護とは?」

 

 

 

 

 

 

 

について解説をしていきます。

 

 

 

 

 


HOME プロフィール お問い合わせ