●聴覚障害者の介助とは?

●聴覚障害者の介助とは?

 

 

 

 

案件紹介も面接設定も条件交渉もすべてお任せ|スマイルSUPPORT介護

 

 

 

 

 

 

 

前回では、視覚障害者の介助について解説をしました。今回は「●聴覚障害者の介助とは?」について解説をしていきます。…

 

 

 

 

 

 

 

「聴覚障害」

 

 

 

 

 

 

 

を有する人の介助を行う場合、聴覚障碍の程度について把握する必要があります。それでは、聴覚障害の状態について以下に記します。

 

 

 

 

 

 

 

●聴覚障害の状態

  • ・ろう者→手話を用いてコミュニケーションを行う
  • ・中途失聴者→一度、音声言語を獲得したあとに、聴覚に障碍をゆうする状態
  • ・難聴者→、聴力は残っている

 

 

 

 

 

 

 

このように、聴覚の状態によって、聴覚障害を有する人を区分できます。それでは、ろう者から解説をしていきます。

 

 

 

 

 

 

 

●ろう者

 

 

ろう者とは、手話を用いてコミュニケーションを行う人をいいます。そして、先天的に聴力に対して、障碍を有する人が…

 

 

 

 

 

 

 

「多い」

 

 

 

 

 

 

 

傾向にあります。そのために「言語の発達」に遅れが生じる場合があります。それでは、次に「中途失聴者」について解説をしていきます。

 

 

 

 

 

 

 

●中途失聴者

 

 

・中途失聴者とは、「後天的」に聴力に対して「障碍」を有する人のことを言います。したがって、中途失聴者の場合…

 

 

 

 

 

 

 

「全く聞こえない」

 

 

 

 

 

 

 

人であっても、「明瞭」に発音することができます。それでは、次に「難聴者」について解説をします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

●難聴者

 

 

 

難聴者とは、聞こえにくいが「聴力」は残っている人のことを言います。そして、「補聴器を使用」している人もいます。このように…

 

 

 

 

 

 

 

「難聴者」

 

 

 

 

 

 

 

の場合、補聴器を使用すると、わずかながらでも「聞こえる」場合がある、ということが特徴的です。このように、聴覚障害者の…

 

 

 

 

 

 

 

「支援」

 

 

 

 

 

 

 

をする場合、聴覚障害の状態について把握をしておきましょう。介護福祉士試験でも出題される場合があります。それでは、聴覚障害の状態についてまとめます。

 

 

 

 

 

 

 

●聴覚障害の状態

 

 

○基本事項

  • ・聴覚障害の状態を把握しておく
  • ・難聴者の場合は、補聴器の保管に注意をする

 

 

 

 

 

 

 

○ろう者

  • ・手話を用いて、コミュニケーションを行う
  • ・先天的に聴力の障碍を有する人が多い
  • ・言語機能に遅れが生じる場合がある

 

 

 

 

 

 

 

○中途失聴者

  • ・後天的に聴力を喪失した人
  • ・比較的、明瞭に発話することができる

 

 

 

 

 

 

 

 

○難聴者

  • ・聴力が低下している
  • ・わずかながら聴力が残っている
  • ・補聴器を使用している人もいる

 

 

 

 

 

 

 

このような事項について確認をしておきましょう。介護福祉士試験でも出題される場合があります。それでは、次回は…

 

 

 

 

 

 

 

「●聴覚障害者のコミュニケーション方法とは?」

 

 

 

 

 

 

 

 

について解説をしていきます。

 

 

 

 


HOME プロフィール お問い合わせ