●視覚障害者の介護について

●視覚障害者の介護について

 

 

 

 

 

案件紹介も面接設定も条件交渉もすべてお任せ|スマイルSUPPORT介護

 

 

 

 

 

 

前回では、視覚障害者の介護について解説をしました。今回も、引き続き、「●視覚障害者の介護について」解説をしていきます。…

 

 

 

 

 

 

 

「視覚障害者の介助」

 

 

 

 

 

 

 

を行う場合、様々な状況に対応する必要があります。まずは、「階段を昇降」する場合について確認をしていきましょう。

 

 

 

 

 

 

 

●階段を昇降する場合

 

 

○基本事項

  • ・最初の一段を昇る前→手前で立ち止まる
  • ※利用者に階段があることを伝える
  • ・白杖で階段を確認してもらう
  • ※白杖→障害物の確認を行うもの

 

 

 

 

 

 

 

このような事項について確認をしておきましょう。階段の昇降をする場合、必ず利用者に「階段」があることを伝達しましょう。そして、…

 

 

 

 

 

 

 

「白杖」

 

 

 

 

 

 

 

などで、階段の位置を確認してもらいましょう。次に「椅子に座る場合」について確認をしましょう。

 

 

 

 

 

 

 

●椅子に座る場合

 

○基本事項

  • ・介護者→椅子があることを伝える
  • ・利用者→手で背もたれや座面を確認する

 

 

 

 

 

 

 

このような事項について確認をしておきましょう。介護福祉士試験でも出題される可能性があります。なお、バスなどの…

 

 

 

 

 

 

 

 

「乗り物」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

に乗る場合は、介護者が「先に乗る」ことが原則です。そして、「段差」などの状況について利用者に確認をしてもらいます。…

 

 

 

 

 

 

 

「エスカレーター」

 

 

 

 

 

 

 

から、降りるときも「先に」介護者から降ります。溝をまたいで越える場合も「介護者」が先に渡るようにします。そして、利用者に…

 

 

 

 

 

 

 

「状況」

 

 

 

 

 

 

 

を確認してもらうようにしましょう。それでは、「視覚障害者の介護について」まとめます。

 

 

 

 

 

 

 

●視覚障害者の介護について

 

 

○階段の昇降

  • ・最初のステップの前で止まる
  • ※階段があることを利用者に伝達する

 

 

 

 

 

 

 

○椅子に座る

  • ・介護者→利用者に背もたれや座面を確認してもらう

 

 

 

 

 

 

 

○乗り物に乗る

  • ・バスに乗る→介護者が先に乗る
  • ※利用者に段差など状況を伝達する
  • ・エスカレーターに乗る
  • ※介護者は先に降りる
  • ・溝をまたいで越える場合
  • ※介護者が先に溝を渡る

 

 

 

 

 

 

 

 

このような事項について理解をしておきましょう。介護福祉士試験で出題される可能性があります。それでは、次回は…

 

 

 

 

 

 

 

「●聴覚障害者の介助とは?」

 

 

 

 

 

 

 

について解説をしていきます。

 

 

 

 

 


HOME プロフィール お問い合わせ