●歩行支援とは?

●歩行支援とは?

 

 

 

 

 

案件紹介も面接設定も条件交渉もすべてお任せ|スマイルSUPPORT介護

 

 

 

 

 

 

 

前回では、移動の介助について解説をしました。今回は「●歩行支援とは?」について解説をしていきます。介護者が…

 

 

 

 

 

 

 

「歩行支援」

 

 

 

 

 

 

 

を行う場合、「麻痺側の後方」に位置します。そして、利用者がバランスを崩して転倒をしても、支えることができるように…

 

 

 

 

 

 

 

「支援」

 

 

 

 

 

 

 

をしましょう。利用者が杖で移動をする場合、杖の高さにも注意をしましょう。杖の高さは、だいたい、腰の高さに…

 

 

 

 

 

 

 

「位置するように」

 

 

 

 

 

 

 

高さを調節します。体に合わない、福祉用具は転倒などの原因になります。そのような状況を防止するためにも、…

 

 

 

 

 

 

 

「杖の高さ」

 

 

 

 

 

 

 

を本人の体格に合うように調節をしておきましょう。歩行支援を行う場合、「3動作歩行」が基本になります。それでは、3動作歩行について以下に記します。

 

 

 

 

 

 

 

●3動作歩行

  • @つえをつく
  • A麻痺側の足をだす
  • B健側の足をそろえる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

つまり、3動作歩行とは、利用者が転倒をしないように、バランスを維持するための、効果的な歩行動作です。まず最初に…

 

 

 

 

 

 

 

「つえ」

 

 

 

 

 

 

 

を前方に出します。そして、麻痺側の足を出します。次に健側の足を揃えます。階段を下りる場合も、同様です。しかし、…

 

 

 

 

 

 

 

「階段を昇る場合」

 

 

 

 

 

 

 

は、つえ→健側の足→患側の足、という順番になります。このような事項について理解をしておきましょう。介護福祉士x試験でも出題されます。それでは、歩行支援のまとめを行います。

 

 

 

 

 

 

 

●歩行支援
○基本事項

  • ・介護者は利用者の麻痺側後方から介助をする
  • ※患側保護の原則
  • ・杖の高さ→だいたい、腰のあたり(大転子部)
  • ・3動作歩行が基本

 

 

 

 

 

 

 

○3動作歩行

  • @杖を出す
  • A麻痺側の足を出す
  • B健側の足を揃える
  • ※階段を降る場合も同様

 

 

 

 

 

 

 

○階段を昇る場合

  • @杖を出す
  • A健側の足を出す
  • B麻痺側の足を揃える

 

 

 

 

 

 

 

このような、事項について確認をしておきましょう。介護福祉士試験でも出題されます。それでは、次回は…

 

 

 

 

 

 

 

「●車椅子の移乗とは?」

 

 

 

 

 

 

 

について解説をしていきます。

 

 

 

 


HOME プロフィール お問い合わせ