●麻痺を有する場合の着脱の方法とは?

●麻痺を有する場合の着脱の方法とは?

 

 

 

 

案件紹介も面接設定も条件交渉もすべてお任せ|スマイルSUPPORT介護

 

 

 

 

 

 

前回では、麻痺がある場合の着脱の方法について解説をしました。今回も「●麻痺を有する場合の着脱の方法とは?」について解説をしていきます。…

 

 

 

 

 

 

 

麻痺を有する利用者の着脱の介助を行う場合、「着患脱健」が基本です。そして、残存機能を活用することが重要です。つまり、…

 

 

 

 

 

 

 

「自分で行えること」

 

 

 

 

 

 

 

は自分で行うことが基本となります。なぜなら、自力で衣服の着脱を行うことは、心身機能の維持、向上に…

 

 

 

 

 

 

 

「つながる」

 

 

 

 

 

 

 

からです。したがって、介護者は利用者が「自力で行えない」行為を支援することが大切です。介護者は、利用者の…

 

 

 

 

 

 

 

「心身の状況に応じた介護」

 

 

 

 

 

 

 

を行うためには、利用者の心身の状態を把握しておく必要があります。そして、本人の状態に応じて、適切な…

 

 

 

 

 

 

 

「支援」

 

 

 

 

 

 

 

を行うことが重要です。ポイントとしては、介護者は「利用者の生活行為」をすべて、代行することが業務ではありません。あくまでも、利用者の…

 

 

 

 

 

 

 

「自立支援」

 

 

 

 

 

 

 

が基本です。このような、事項も介護福祉士試験で出題されます。しっかりと確認をしておきましょう。それでは、ここまでの内容を簡単にまとめます。

 

 

 

 

 

 

 

●麻痺を有する人の着脱の方法

 

○基本事項

  • ・着患脱健が基本
  • ・本人の残存機能を活用する
  • ・自立支援
  • ・本人が可能な行為は自力で行ってもらう

 

 

 

 

 

 

 

このような、事項を確認しておきましょう。なお、ベッド上で衣服の着脱を行う場合も、着患脱健が基本です。又、心身機能が低下した…

 

 

 

 

 

 

 

「高齢者の衣服」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

を無理やり、脱がせたり、着せようとすると「剥離」の原因になります。特に介護度が重たい高齢者の場合は、骨組織も…

 

 

 

 

 

 

 

「脆弱」

 

 

 

 

 

 

 

になっている場合があります。そのために、無理に衣服の着脱を行うと「骨折」の危険性があります。利用者の…

 

 

 

 

 

 

 

「安全に配慮」

 

 

 

 

 

 

 

して衣服の着脱を実施しましょう。そして、利用者の「露出部分」を最小限にするなど、「プライバシー」の保護にも…

 

 

 

 

 

 

 

「留意」

 

 

 

 

 

 

 

をするようにしましょう。それでは、今回の内容についてまとめます。

 

 

 

 

 

 

 

●更衣の介助

 

○基本事項

  • ・着患脱健を守る
  • ・本人の残存機能を活用する
  • ・介護者は、本人の心身の状況を把握しておく
  • ※本人の行為をすべて代行しない

 

 

 

 

 

 

 

○注意事項

  • ・無理に衣服の着脱をしない
  • ※剥離の原因になる
  • ※骨折の原因になる
  • ・本人のプライバシーに配慮する

 

 

 

 

 

 

 

○ベッド上で着脱を行う場合

  • ・着患脱健を基本とする
  • ・露出部分を最小にする
  • ・体を冷やさない

 

 

 

 

 

 

 

このような事項について理解をしておきましょう。介護福祉士試験で出題されます。それでは、次回は…

 

 

 

 

 

 

 

「●ベッドメイキングの方法とは?」

 

 

 

 

 

 

 

について解説をしていきます。

 

 

 

 


HOME プロフィール お問い合わせ