●麻痺がある場合の着脱の方法とは?

●麻痺がある場合の着脱の方法とは?

 

 

 

 

案件紹介も面接設定も条件交渉もすべてお任せ|スマイルSUPPORT介護

 

 

 

 

 

 

 

前回では、介護に適した衣類について解説をしました。今回は「●麻痺がある場合の着脱の方法とは?」について解説をしていきます。麻痺がある場合…

 

 

 

 

 

 

 

「着る」

 

 

 

 

 

 

 

「脱ぐ」の動作を行う場合、注意が必要です。健常者であれば、脱ぐ順番、着る順番を気にする必要はありません。しかし…

 

 

 

 

 

 

 

「麻痺がある利用者」

 

 

 

 

 

 

 

の場合、「着る順番」「脱ぐ順番」が重要です。基本としては「着患脱健」を意識しましょう。つまり、利用者に麻痺がある場合…

 

 

 

 

 

 

 

「麻痺側」

 

 

 

 

 

 

 

から着てもらいます。そして、脱ぐ場合は「健側」から脱いでもらいます。このように、「着脱」の順番を確認しておきましょう。それでは、簡単にまとめます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

●麻痺がある場合の着脱の方法

  • ・着患脱健が基本

 

 

 

 

○前開き衣服の場合

  • ▲着る
  • ・麻痺側を着る
  • ・健側を着る
  • ・ボタンをする

 

 

 

 

■脱ぐ

  • ・健側を脱ぐ
  • ・麻痺側を脱ぐ
  • ・衣服をたたんで整理する

 

 

 

 

 

 

 

このような、事項について確認をしておきましょう。介護福祉士試験でも出題されます。しっかりと確認をしておきましょう。それでは、今回の内容をまとめます。

 

 

 

 

 

 

 

●麻痺がある場合の衣服の着脱

 

 

○基本事項

  • ・着患脱健が基本である
  • ・痛みがある場合、本人の様子を観察しながら行う
  • ・可能であれば、本人に衣服の着脱を行ってもらう
  • ※ADLを維持するため

 

 

 

 

 

 

 

○前開き衣服の着脱

  • ▲着る
  • @麻痺側→着る
  • A健側→着る
  • Bボタンをとめる

 

 

 

 

 

 

 

■脱ぐ

  • @健側を脱ぐ
  • A麻痺側を脱ぐ
  • B衣類をたたむ

 

 

 

 

 

 

 

▲注意事項

  • ・拘縮がある利用者の場合、剥離に注意をする
  • ・無理に脱がすと、骨折の原因になるので注意をする

 

 

 

 

 

 

 

このような事項について確認をしておきましょう。介護福祉士試験でも出題されます。それでは、次回も…

 

 

 

 

 

 

 

「●麻痺を有する場合の着脱の方法とは?」

 

 

 

 

 

 

 

について解説をしていきます。

 

 

 

 

 


HOME プロフィール お問い合わせ