●介護に適した衣類とは?

●介護に適した衣類とは?

 

 

 

案件紹介も面接設定も条件交渉もすべてお任せ|スマイルSUPPORT介護

 

 

 

 

 

 

 

前回では、消化管ストーマについて解説をしました。今回は「●介護に適した衣類とは?」について解説をしていきます。介護を行う場合…

 

 

 

 

 

 

 

「適切な衣服」

 

 

 

 

 

 

 

を選択することは重要です。なぜなら、体型にあっていない服装を選択すると、介護事故の原因となる場合があるからです。そのような…

 

 

 

 

 

 

 

「介護事故」

 

 

 

 

 

 

 

を未然に防止するためにも、利用者に適した衣服を選択することが重要です。そして、利用者の「生活場面」に…

 

 

 

 

 

 

 

「最適な」

 

 

 

 

 

 

 

衣服を選択するようにしましょう。もちろん、利用者の「好み」を考慮することが重要である、ということは言うまでもありません。それでは、衣服の性質について以下にまとめます。

 

 

 

 

 

 

 

●衣服の性質

  • ・安全性が高い→適切なサイズを選択する
  • ・通気性が良い→木綿、ガーゼなど
  • ・吸湿性が良い→メリヤスなど
  • ・含気性が良い→毛など
  • ・肌触りが良い→木綿、タオルなど

 

 

 

 

 

 

 

このように、衣服の材質により、それぞれ、質感が異なります。利用者に最適な衣服を選択するようにしましょう。特に優れた素材としては…

 

 

 

 

 

 

 

「木綿」

 

 

 

 

 

 

 

やガーゼがあります。これらの素材は肌着に適切です。吸湿性や通気性に優れていることが特徴です。そして、値段も…

 

 

 

 

 

 

 

「安価」

 

 

 

 

 

 

 

であるために、経済的な負担もありません。介護度が重く、臥床時間が長い利用者の場合は、「前開き」の衣服が…

 

 

 

 

 

 

 

「最適」

 

 

 

 

 

 

 

です。前開きの衣服の場合、臥床した状態でも、「着脱」が可能だからです。注意事項としては、衣類に「血液」などの…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「タンパク質」

 

 

 

 

 

 

 

が付着した場合、「水」若しくは「ぬるま湯」で洗うようにしましょう。熱湯ではタンパク質が固まるために、汚れが…

 

 

 

 

 

 

 

「落ちにくく」

 

 

 

 

 

 

 

なります。なお、衣類に便が付着した場合、「ハイター」などに浸けましょう。便が付着した状態で、その他の利用者の衣類を…

 

 

 

 

 

 

 

「洗濯」

 

 

 

 

 

 

 

すると、ノロウィルスなどの感染症の原因になります。このように、「介護の衣服」について、介護福祉士試験で…

 

 

 

 

 

 

 

「出題」

 

 

 

 

 

 

 

される可能性があります。しっかりと確認をしておきましょう。それでは、今回の内容をまとめます。

 

 

 

 

 

 

 

●介護の衣服

 

 

○衣服の選択

  • ・利用者の生活場面に応じて選ぶ
  • ・利用者の好みに応じて選ぶ

 

 

 

 

 

○衣服の材質

  • ・安全性が高い→適切なサイズの衣服を選択する
  • ・肌触りが良い→木綿、タオルなど
  • ・含気性が良い→毛など
  • ・通気性が良い→絹など
  • ・吸湿性が良い→木綿、メリヤスなど

 

 

 

 

 

 

 

○優れた素材

  • ・木綿、ガーゼ→肌着に適している
  • ※通気性に優れている
  • ※吸湿性に優れている
  • ※安価である

 

 

 

 

 

 

 

○臥床時間が長い利用者の場合

  • ・前開きの衣服が最適である
  • ※着脱を安全に行えるため

 

 

 

 

 

 

 

○注意事項

  • ・購入したばかりの肌着→一度、洗濯をする
  • ・血液などが付着した場合
  • ※水、ぬるま湯で洗う
  • ・便が付着した場合
  • ※ハイターなどに漬ける
  • ※ノロウィルスなどの感染症を防止するため

 

 

 

 

 

 

 

このような事項について確認をしておきましょう。介護福祉士試験でも出題される可能性があります。それでは、次回は…

 

 

 

 

 

 

 

「●麻痺がある場合の着脱の方法とは?」

 

 

 

 

 

 

 

について解説をしていきます。

 

 

 

 


HOME プロフィール お問い合わせ