●入浴介助の方法とは?

●入浴介助の方法とは?

 

 

 

 

案件紹介も面接設定も条件交渉もすべてお任せ|スマイルSUPPORT介護

 

 

 

 

 

 

 

前回では、入浴介助の基礎について解説をしました。今回は「●入浴介助の方法とは?」について解説をしていきます。…

 

 

 

 

 

 

 

「入浴介助」

 

 

 

 

 

 

 

を行う場合、介助者は利用者の「患側」につきます。そして、腕と腰をささえます。そして、利用者と一緒に…

 

 

 

 

 

 

 

「移動」

 

 

 

 

 

 

 

をします。このように、浴室内では、利用者とタイミングをあわせて移動するようにします。そして、利用者が…

 

 

 

 

 

 

 

「片麻痺」

 

 

 

 

 

 

 

の場合、「健側」から入浴をするようにします。利用者が浴槽からでるときは、「ワンクッション」をおくとよいでしょう。つまり、一旦、…

 

 

 

 

 

 

 

「バスボード」

 

 

 

 

 

 

 

や浴槽のフチに座るようにします。そして、体制を整えてから、浴槽からでるようにします。浴室内に「段差」がある場合…

 

 

 

 

 

 

 

「患側」

 

 

 

 

 

 

 

から下がります。そして、「健側」から上がるようにします。このような事項について理解をしておきましょう。そして、利用者が…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「入浴できない場合」

 

 

 

 

 

 

 

は、手浴と足浴をしましょう。手浴を行うことにより、「拘縮の予防」につながります。そして、就寝前の足浴は…

 

 

 

 

 

 

 

「安眠を促す」

 

 

 

 

 

 

 

効果があります。このように、利用者が入浴できない場合、「手浴」「足浴」を行うようにしましょう。介護福祉士試験でも出題される場合があります。それでは、入浴介助についてまとめます。

 

 

 

 

 

 

 

 

●入浴介助

 

▲浴室内

  • ・介護者は利用者の「患側」につく
  • ・利用者の腰と腕を支える→一緒に移動をする
  • ※片麻痺→健側から浴槽に入る
  • ・浴槽からでる→バスボードなどに一旦座る

 

 

 

 

 

 

 

▲段差がある場合

  • ・患側から下がる
  • ・健側から上がる

 

 

 

 

 

 

 

▲入浴できない場合

  • ・手浴を行う→拘縮の予防になる
  • ・足浴→安眠を促す効果がある

 

 

 

 

 

 

 

このような事項について理解をしておきましょう。入浴の介助も介護福祉士試験で出題されます。しっかりと理解をしておきましょう。それでは、次回は…

 

 

 

 

 

 

 

「●清拭の介助とは?」

 

 

 

 

 

 

 

について解説をしていきます。

 

 

 

 

 


HOME プロフィール お問い合わせ