●入浴の効果とは?

●入浴の効果とは?

 

 

 

 

 

案件紹介も面接設定も条件交渉もすべてお任せ|スマイルSUPPORT介護

 

 

 

 

 

 

 

前回では、入浴関連の福祉用具について解説をしました。今回は「●入浴の効果とは?」について解説をしていきます。…

 

 

 

 

 

 

 

「入浴」

 

 

 

 

 

 

 

には、様々な効果があります。入浴を行うと「温熱効果」があります。入浴時間は「15分程度」が目安です。そして、湯温は…

 

 

 

 

 

 

 

「40℃前後」

 

 

 

 

 

 

 

が適温です。熱すぎると「のぼせ」などの体調不良の原因となります。高齢者の場合、「少しぬるい」程度の…

 

 

 

 

 

 

 

「湯温」

 

 

 

 

 

 

 

に設定しましょう。微温浴につかることで「副交感神経」が働きます。そして、心理的にも安定します。このように、入浴の効果としては…

 

 

 

 

 

 

 

「安定作用」

 

 

 

 

 

 

 

があります。その他にも、入浴の効果には「浮力効果」があります。水中では「浮力」があるために、「ひざ」や…

 

 

 

 

 

 

 

「腰の負担」

 

 

 

 

 

 

 

が減少します。したがって、「動きやすく」なります。このように、入浴効果として「動きやすい」という効果があります。その他には、入浴の効果として…

 

 

 

 

 

 

 

「静水圧効果」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

があります。静水圧効果により、「下肢の血流」などが改善される場合があります。静水圧効果とは、水中で…

 

 

 

 

 

 

 

「身体にかかる圧力」

 

 

 

 

 

 

 

が静水圧作用です。静水圧効果は、「血流の改善効果」があります。しかし、呼吸器疾患や高血圧の人の場合…

 

 

 

 

 

 

 

「負担」

 

 

 

 

 

 

 

がかかる場合があります。そのような状況を防止するために、疾患を有する人の場合、「半身浴」を行いましょう。このように…

 

 

 

 

 

 

 

「入浴効果」

 

 

 

 

 

 

 

はプラスの作用があります。介護福祉士試験でも出題される場合があります。しっかりと確認をしておきましょう。それでは、入浴効果の解説を行います。

 

 

 

 

 

 

 

●入浴効果

 

○浮力効果

  • ・水中では浮力がある
  • ・自由に動くことができる
  • ・腰の負担が減少する
  • ・膝の負担が減少する

 

 

 

 

 

 

 

○温熱効果

  • ・湯温を40℃前後に設定をする
  • ・入浴時間を15分程度に設定をする
  • ・微温浴につかる→副交感神経が活性化
  • ・精神安定効果がある

 

 

 

 

 

 

 

○静水圧効果

  • ・水中では人体に圧力がかかる
  • ・下肢のむくみの軽減につながる
  • ※疾患がある場合(高血圧、呼吸器疾患など)
  • ・半身浴にする

 

 

 

 

 

 

 

このような事項について理解をしておきましょう。介護福祉士試験でも出題される可能性があります。それでは、次回は…

 

 

 

 

 

 

 

「●入浴の介助とは?」

 

 

 

 

 

 

 

について解説をしていきます。

 

 

 

 

 

 


HOME プロフィール お問い合わせ