●ベッド上での食事介助とは?

●ベッド上での食事介助とは?

 

 

 

 

案件紹介も面接設定も条件交渉もすべてお任せ|スマイルSUPPORT介護

 

 

 

 

 

 

 

前回では、食事介助の方法について解説をしました。今回は「●ベッド上での食事介助とは?」について解説をしていきます。…

 

 

 

 

 

 

 

「ベッド上での食事介助」

 

 

 

 

 

 

 

を行う場合、「ベッドを起こす」事が重要です。そして、可能であれば「座位」を保持します。ファーラー位でもかまいません。…

 

 

 

 

 

 

 

「ファーラー位」

 

 

 

 

 

 

 

とは、「半坐位」です。約45度前後です。利用者の心身の状態によっては「座位」を保持することが困難な場合があります。その場合…

 

 

 

 

 

 

 

「ファーラー位」

 

 

 

 

 

 

 

「半坐位」」の姿勢を保持しましょう。そして、利用者に麻痺がある場合は「健側」から介助を行います。なぜなら…

 

 

 

 

 

 

 

「患側」

 

 

 

 

 

 

 

側から、介助を行うと「食物」が口に残る可能性があるからです。食物が口中に残ると「誤嚥性肺炎」などを…

 

 

 

 

 

 

 

「引き起こす要因」

 

 

 

 

 

 

 

となります。したがって「健側」から介助を行うようにします。そして姿勢も「健側」が下になるようにします。そして、…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「頭が」

 

 

 

 

 

 

 

前屈するように姿勢を保持できるようにします。なぜなら、あごがあがってしまうと「誤嚥」する危険性があるからです。このような事項について理解をしておきましょう。…

 

 

 

 

 

 

 

「介護福祉士試験」

 

 

 

 

 

 

 

でも頻繁に出題されます。しっかりと理解をしておきましょう。それでは、「ベッド上での食事介助」についてまとめます。

 

 

 

 

 

 

 

●ベッド上での食事介助

 

○方法

  • ・食事内容を説明する
  • ・一口量は適度にする
  • ・最初の一口は水分などで口中を湿らせる

 

○注意事項

  • ・食物残渣を確認する
  • ・ベッドを起こす
  • ※座位→90度に近い角度
  • ※ファーラー位→約45度

 

 

○介助方法

  • ・健側から介助
  • ・健側を下にする
  • ・頸部を前かがみにする

 

 

 

 

 

 

 

このような事項について理解をしておきましょう。介護福祉士試験でも頻繁に出題されます。それでは、次回は…

 

 

 

 

 

 

 

「●自助具とは?」

 

 

 

 

 

 

 

について解説をしていきます。

 

 

 

 


HOME プロフィール お問い合わせ