●食事介助の方法とは?

●食事介助の方法とは?

 

 

 

 

案件紹介も面接設定も条件交渉もすべてお任せ|スマイルSUPPORT介護

 

 

 

 

 

 

前回では、食事介助の方法について解説をしました。今回は「●食事介助の方法とは?」について解説をしていきます。…

 

 

 

 

 

 

 

「食事介助の方法」

 

 

 

 

 

 

 

を理解する場合、「嚥下しにくい食品」について把握しておくことが重要です。なぜなら、嚥下しにくい食品を…

 

 

 

 

 

 

 

「食べてしまい」

 

 

 

 

 

 

 

窒息する可能性があるからです。食品が食道で詰まってしまうと、最悪の場合「窒息死」する危険性があります。したがって、…

 

 

 

 

 

 

 

「嚥下しにくい食品」

 

 

 

 

 

 

 

について把握しておくことが重要です。窒息まで至らなくとも、嚥下しにくい食品は「誤嚥性肺炎の原因」とも…

 

 

 

 

 

 

 

「なります」

 

 

 

 

 

 

 

誤嚥性肺炎を防止するためにも、「嚥下しにくい食品」について理解をしておきましょう。嚥下しにくい食品としては…

 

 

 

 

 

 

 

「粘膜にくっつきやすい食品」

 

 

 

 

 

 

 

があります。粘膜にくっつきやすい食品としては「わかめ」「のり」などがあります。したがって、「わかめ」「のり」などは…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「注意が必要」

 

 

 

 

 

 

 

になります。そして、「サラサラした液体」なども嚥下しにくい食品です。例えば「ぬるい味噌汁」などは、誤嚥しやすいために…

 

 

 

 

 

 

 

「とろみ剤」

 

 

 

 

 

 

 

などが必要になります。そして「硬い食品」「酸味が強い食品」なども嚥下しにくい食品です。その他には…

 

 

 

 

 

 

 

「口腔内でバラバラになる」

 

 

 

 

 

 

 

食品も「嚥下しにくい食品」になります。「とうもろこし」「こんにゃく」「カステラ」などが該当します。このように、嚥下しにくい食品の場合…

 

 

 

 

 

 

 

「とろみを加える」

 

 

 

 

 

 

 

など、調理を工夫することが重要です。介護福祉士試験でも出題されることがあります。しっかりと理解をしておきましょう。それでは、嚥下しにくい食品について解説をしていきます。

 

 

 

 

 

 

 

●嚥下しにくい食品

 

○粘膜にくっつきやすい食品

  • ・わかめ
  • ・のり

 

○サラサラした液体

  • ・ぬるい味噌汁
  • ・ぬるいお茶など

 

○口腔内でバラバラになる食品

  • ・とうもろこし
  • ・カステラ
  • ・かまぼこ
  • ・こんにゃく
  • ・ピーナッツなど

 

 

○注意事項

  • ・上記の食品を提供する場合
  • ※とろみを加える
  • ※ゼリー状にする

 

 

 

 

 

 

 

このような事項について理解をしておきましょう。介護福祉士試験でも出題される可能性があります。それでは、次回は…

 

 

 

 

 

 

 

「●ベッド上での食事介助とは?」

 

 

 

 

 

 

 

について解説をしていきます。

 

 

 

 

 


HOME プロフィール お問い合わせ