●国際障害分類(ICIDH)とは?

●国際障害分類(ICIDH)とは?

 

 

 

 

案件紹介も面接設定も条件交渉もすべてお任せ|スマイルSUPPORT介護

 

 

 

 

 

 

前回では、身体拘束の禁止について解説をしました。今回は「●国際障害分類(ICIDH)とは?」について解説をしていきます。…

 

 

 

 

 

 

 

「国際障害分類(ICIDH)」

 

 

 

 

 

 

 

とは、国際的な障碍分類です。ICIDHは1980年に採択されています。そして、障碍を「マイナス面である」と…

 

 

 

 

 

 

 

「捉えていました」

 

 

 

 

 

 

 

しかし、障碍をマイナスである、と捉えることに対して、批判がなされました。そして、その後に、国際的な障碍分類である…

 

 

 

 

 

 

 

「国際生活機能分類(ICF)」

 

 

 

 

 

 

 

が採択されるようになります。今回は、ICFの基礎となった「ICIDH」について解説をしていきます。ICIDHでは、…

 

 

 

 

 

 

 

「障碍分類」

 

 

 

 

 

 

 

として「機能障害」「能力障害」「社会的不利」と考えていました。機能障害とは、「機能の障碍」と捉えられていました。そして、…

 

 

 

 

 

 

 

「能力障害」

 

 

 

 

 

 

 

とは、「機能障害」に起因すると考えられていました。そして、能力障害により、「活動能力」が制限されると…

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

「考えられていました」

 

 

 

 

 

 

 

 

このように、「機能障害(心理的、生理的、解剖学的な構造)」と「能力障害」の結果、「社会的不利」な…

 

 

 

 

 

 

 

「状態」

 

 

 

 

 

 

 

に陥ってしまう、と考えられていました。つまり、国際障害分類(ICIDH)では、障碍があることにより、「社会的不利」が…

 

 

 

 

 

 

 

「著しくなる」

 

 

 

 

 

 

 

というようにマイナス面が強調されていました。そして、その後に、ICIDHの考えは見直されます。そして、ICF(国際生活機能分類)へと…

 

 

 

 

 

 

 

「改訂」

 

 

 

 

 

 

 

されます。このような流れについて確認をしておきましょう。介護福祉士試験でも出題される場合があります。それでは、国際障害分類(ICIDH)についてまとめます。

 

 

 

 

 

 

 

●国際障害分類(ICIDH)

 

○特徴

  • ・障碍をマイナスとして考えていた

○障碍分類

  • ・機能障害→解剖学的、心理的、生理的な構造の障碍
  • ・能力障害→機能障害があるために、活動力が制限される
  • ・社会的不利→機能障害、能力障害があるから、社会的に不利になる

○改訂

  • ・ICIDHでは、障碍があるから、社会的に不利になると考えていた
  • ・国際生活機能分類(ICF)では、障碍を肯定的に考えるようになる

 

 

 

 

 

 

 

このような事項について理解をしておきましょう。介護福祉士試験でも出題される場合があります。それでは、次回は…

 

 

 

 

 

 

 

「●ICF(国際生活機能分類)とは?」

 

 

 

 

 

 

 

について解説をしていきます。

 

 

 

 

 



HOME プロフィール お問い合わせ