●身体拘束の禁止とは?

●身体拘束の禁止とは?

 

 

 

 

案件紹介も面接設定も条件交渉もすべてお任せ|スマイルSUPPORT介護

 

 

 

 

 

 

前回では、感染予防策について解説をしました。今回は「●身体拘束の禁止とは?」について解説をしていきます。…

 

 

 

 

 

 

 

「サービスの提供」

 

 

 

 

 

 

 

においては、「緊急やむを得ない場合」を除き、身体拘束を行ってはなりません。そして、身体拘束、その他の…

 

 

 

 

 

 

 

「利用者の行為」

 

 

 

 

 

 

 

を制限する行為を行ってはなりません。そして、介護サービスを提供する場合、「利用者の生命」を保護するために、…

 

 

 

 

 

 

 

「原則として」

 

 

 

 

 

 

 

身体拘束を行うことは、禁止されています。しかし、緊急的にやむを得ない場合があります。そのような場合、…

 

 

 

 

 

 

 

「記録に残す」

 

 

 

 

 

 

 

必要があります。そして、身体拘束を行う場合、当時の状況についても詳細に記録を残します。利用者の…

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

「心身の状態」

 

 

 

 

 

 

 

や「時間」「態様」なども文書として残しておく必要があります。身体拘束を行う場合、以下の条件を満たす事が必要です。

 

 

 

 

 

 

 

●緊急的にやむを得ない場合

  • ・切迫性→利用者や他の利用者の生命が危険に曝されているとき
  • ・非代替性→他に方法がない場合
  • ・一時性→行動制限が一時的なもの

 

 

 

 

 

 

 

上記の場合を満たさなければ、身体拘束行うことができません。しっかりと理解をしておきましょう。介護福祉試験でも…

 

 

 

 

 

 

 

「出題」

 

 

 

 

 

 

 

される可能性があります。それでは、身体拘束の禁止についてまとめます。

 

 

 

 

 

 

 

●身体拘束の禁止

 

○目的

  • ・利用者の生命を守るために、緊急的にやむを得ない場合

○記録

  • ・身体拘束を行う場合、記録をつける
  • ・利用者の心身の状態
  • ・時間
  • ・態様など

○身体拘束を行う条件

  • ・切迫性→生命または身体が危険にさらされる
  • ・非代替性→他に方法がない
  • ・一時性→一時的なもの

 

 

 

 

 

 

 

このような事項について理解をしておきましょう。介護福祉士試験でも出題される可能性があります。それでは、次回は…

 

 

 

 

 

 

 

「●国際障害分類(ICIDH)とは?」

 

 

 

 

 

 

 

について解説をしていきます。

 

 

 

 



HOME プロフィール お問い合わせ