●ボデイメカニクスとは?

●ボデイメカニクスとは?

 

 

 

 

案件紹介も面接設定も条件交渉もすべてお任せ|スマイルSUPPORT介護

 

 

 

 

 

 

 

前回では、コンプライアンスについて解説をしました。今回は、●ボデイメカニクスとは?について解説をしていきます。…

 

 

 

 

 

 

 

「ボデイメカニクス」

 

 

 

 

 

 

 

とは、「力学的原理」を活用した介護の方法です。力学的原理とは、「テコの原理」など、基本的な物理の法則に…

 

 

 

 

 

 

 

「則った」

 

 

 

 

 

 

 

 

方法です。現在、介護職の腰痛が問題になっています。北欧などの欧米諸国では「介護ロボット」などが…

 

 

 

 

 

 

 

「導入」

 

 

 

 

 

 

 

されています。先進的な欧米諸国では、「介護のロボット化」が進行しています。しかし、未だに日本では、…

 

 

 

 

 

 

 

「介護分野のロボット支援」

 

 

 

 

 

 

 

は未発達の状況です。したがって、介護職は自分の安全を守るために「ボデイメカニクスを活用」することが必要です。そして、…

 

 

 

 

 

 

 

「体を守る」

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

ことで、業務を継続させていく必要があります。ボデイメカニクスを活用することで、「利用者」と「自分」の負担を…

 

 

 

 

 

 

 

「軽減」

 

 

 

 

 

 

 

させることができます。ボデイメカニクスとは、「骨」「関節」「筋肉」などの各系統間の相互作用をスムーズにします。そして…

 

 

 

 

 

 

 

「体を痛めることを」

 

 

 

 

 

 

 

防止する効果があります。それでは、ボデイメカニクスの方法について一例を以下にまとめます。

 

 

 

 

 

 

 

●ボデイメカニクスの例

  • ・利用者と介護者の重心を近づける
  • ・テコの原理を活用する
  • ・支持基底面を広くとる→足をひろげる
  • ・重心を低くする
  • ・大きな筋群をつかう→腹筋、背筋、大腿筋

 

 

 

 

 

 

 

このような事項について理解をしておきましょう。介護福祉士試験でも、ボデイメカニクスは出題されています。確認をしておきましょう。それでは、ボデイメカニクスについてまとめます。

 

 

 

 

 

 

 

●ボデイメカニクス

 

○目的

  • ・職員と利用者の負担を軽減する
  • ・職員の腰痛を防止する

○効果

  • ・力学的原理を応用した方法
  • ・骨、関節、筋肉などの各系統間の連携をスムーズにする

○例

  • ・利用者と介護者の重心を近づける
  • ・重心を低くする
  • ・足をひろげる→支持基底面をひろくとる
  • ・テコの原理を活用
  • ・大きな筋群をつかう→腹筋、背筋、大腿筋など

 

 

 

 

 

 

 

このような事項について理解をしておきましょう。介護福祉士試験でも出題されます。それでは、次回は…

 

 

 

 

 

 

 

「●リスクマネジメントとは?」

 

 

 

 

 

 

 

について解説をしていきます。

 

 

 

 



HOME プロフィール お問い合わせ