●介護福祉士の義務とは?

●介護福祉士の義務とは?

 

 

 

 

案件紹介も面接設定も条件交渉もすべてお任せ|スマイルSUPPORT介護

 

 

 

 

 

 

前回では、介護福祉士の欠格事由について解説をしました。今回は、「●介護福祉士の義務とは?」について解説をしていきます。…

 

 

 

 

 

 

 

「介護福祉士の義務」

 

 

 

 

 

 

 

として「秘密保持義務」などがあります。秘密保持義務は「介護福祉士でなくなった後」でも適用されます。そして、…

 

 

 

 

 

 

 

「罰則」

 

 

 

 

 

 

 

も規定されています。秘密保持義務に違反した場合「1年以下の懲役または30万円以下の罰金」があります。その他には…

 

 

 

 

 

 

 

「登録の取り消し」

 

 

 

 

 

 

 

などの罰則があります。このように、介護福祉士の義務は「極めて重要」です。介護福祉士試験でも必須の…

 

 

 

 

 

 

 

「テーマ」

 

 

 

 

 

 

 

となっています。必ず理解をしておきましょう。それでは、介護福祉士の「義務」について簡単にまとめます。

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

●介護福祉士の義務

  • ・秘密保持義務→業務に関して知り得た情報を漏らしてはならない
  • ・名称の使用制限→介護福祉士でない者が介護福祉士の名称を用いてはならない
  • ・信用失墜行為の禁止→介護福祉士の信用を傷つけることをしてはならない
  • ・誠実義務→誠実に業務を行わなければならない
  • ・資質向上の義務→知識及び技能の向上に務めなければならない
  • ・連携→福祉サービスを提供する者または医療サービスを提供する者と連携をする

 

 

 

 

 

 

 

このような事項について理解をしておきましょう。介護福祉士の「義務」は重要事項です。介護福祉士試験でも…

 

 

 

 

 

 

 

「頻繁に出題」

 

 

 

 

 

 

 

されています。それでは、介護福祉士の義務について重要部分をまとめます。

 

 

 

 

 

 

 

●介護福祉士の義務

 

○秘密保持義務

  • ・介護福祉士でなくなった後も適用される
  • ・1年以下の懲役または30万円以下の罰金
  • ・登録の取り消しなど

○名称の使用制限

  • ・介護福祉士でない者は、介護福祉士の名称を用いてはならない

○信用失墜行為の禁止

  • ・介護福祉士の信用を傷つける行為をしてはならない
  • ・罰則→登録の取り消し

○誠実義務

  • ・個人の尊厳を保持する
  • ・自立した生活を営むように支援をする
  • ・常にその者の立場に立つ

○資質向上の責務

  • ・知識及び技能の向上

○連携

  • ・心身の状況、その他の状況に応じて対応する
  • ・福祉サービスを提供するもの
  • ・医療サービスを提供するもの
  • ・その他の関係者

上記の者と連携をする

 

 

 

 

 

 

 

このような事項について理解をしておきましょう。介護福祉士試験でも頻繁に出題されています。それでは、次回は…

 

 

 

 

 

 

 

「●介護福祉士の喀痰吸引とは?」

 

 

 

 

 

 

について解説をしていきます。

 

 

 

 

 



HOME プロフィール お問い合わせ