●過用症候群とは?

●過用症候群とは?

 

 

 

 

 

案件紹介も面接設定も条件交渉もすべてお任せ|スマイルSUPPORT介護

 

 

 

 

 

 

前回では、廃用症候群について解説をしています。今回は「●過用症候群とは?」について解説をします。過用症候群とは…

 

 

 

 

 

 

 

「訓練を極度」

 

 

 

 

 

 

 

に行うことにより、新しい「損傷」を発現させることをいいます。つまり、過用症候群とは、「リハビリテーション」などの…

 

 

 

 

 

 

 

「訓練」

 

 

 

 

 

 

 

を一生懸命に行うあまりに、かえって状態が悪化することを言います。リハビリ訓練を行う人の中には、元の状態に…

 

 

 

 

 

 

 

「戻りたくて」

 

 

 

 

 

 

 

必要以上に訓練を行う人がいます。その結果、残りの人生の大半を全て「訓練」に費やす、という結果になります。そして、…

 

 

 

 

 

 

 

「体を損傷させる」

 

 

 

 

 

 

 

状態を過用症候群といいます。現実的には事故や病気などで、障害が残った場合、完全に回復させることが…

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

「困難」

 

 

 

 

 

 

 

な場合は少なくありません。そのような場合、「現在の状態」で「どのようにして」、生活を構築していくことができるのか…

 

 

 

 

 

 

 

「という視点」

 

 

 

 

 

 

 

が重要です。介護とは、そのような「障害のある状態」を肯定することからはじまります。そして、障害のある状態で…

 

 

 

 

 

 

 

「どのようにして人生を再構築していくのか」

 

 

 

 

 

 

 

という視点を重視しています。このような、考え方が介護の根底にあります。過用症候群を理解する場合、…

 

 

 

 

 

 

 

「介護の基礎」

 

 

 

 

 

 

 

についても理解をしておきましょう。過用症候群も介護福祉士試験に出される可能性があります。確認をしておきましょう。それでは、過用症候群についてまとめます。

 

 

 

 

 

 

 

●過用症候群

  • ・リハビリなどの訓練を過度に行う
  • ・訓練を過度に行う結果、体を損傷させる

○介護の考え方

  • ・障害のある状態を肯定する
  • ・社会資源を活用して生活を再構築する
  • ※例→訪問介護を利用する、など

 

 

 

 

 

 

 

このような事項について理解をしておきましょう。介護福祉士試験でも出題される場合があります。それでは、次回は…

 

 

 

 

 

 

 

「●社会福祉士及び介護福祉士法とは?」

 

 

 

 

 

 

 

について解説をしていきます。

 

 

 

 



HOME プロフィール お問い合わせ