●廃用症候群とは?(生活不活発病)

●廃用症候群とは?(生活不活発病)

 

 

 

案件紹介も面接設定も条件交渉もすべてお任せ|スマイルSUPPORT介護

 

 

 

 

 

 

 

前回では、日常生活動作について解説をしました。今回は「●廃用症候群とは?(生活不活発病)」について解説をしていきます。…

 

 

 

 

 

 

 

「廃用症候群」

 

 

 

 

 

 

 

とは、生活不活発病とも言います。廃用症候群の症状としては「全身」の活動の低下、などにより引き起こされます。そして…

 

 

 

 

 

 

 

「身体の各部」

 

 

 

 

 

 

 

の活動の低下でも引き起こされます。このように、体の不使用により、廃用症候群の原因となります。廃用症候群は…

 

 

 

 

 

 

 

「身体的な症状」

 

 

 

 

 

 

 

の他に「精神的な症状」もあります。廃用症候群とは、このような心身に生じる悪影響の「総称」です。それでは、廃用症候群の症状について以下にまとめます。

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

●廃用症候群の症状

  • ・筋萎縮→筋肉が細くなる
  • ・関節拘縮→関節が固まる
  • ・骨萎縮→骨がもろくなる
  • ・尿路結石→尿中のカルシウム排泄が増加する
  • ・起立性低血圧→立ちくらみをおこしやすい
  • ・静脈血栓症→下肢の静脈に生じやすい
  • ・精神機能→精神機能の低下
  • ・褥瘡→組織の壊死
  • ・感染→誤嚥性肺炎をおこしやすい

 

 

 

 

 

 

 

このような事項について理解をしておきましょう。介護福祉士試験でも頻繁に出題されています。それでは、廃用症候群についてまとめます。

 

 

 

 

 

 

 

●廃用症候群(生活不活発病)

  • ・全身の活動の低下
  • ・身体の一部の低下
  • ・心身機能の低下の総称

●症状

  • ・筋萎縮→筋肉が細くなる
  • ・関節拘縮→関節が固まる
  • ・骨萎縮→骨粗しょう症の原因となる
  • ・尿路結石→カルシウム排泄が原因で結石が生じる
  • ・起立性低血圧→めまいなどを起こす
  • ・精神機能→うつ状態など、精神機能の低下
  • ・褥瘡→血流障害を起こす
  • ・感染→誤嚥性肺炎をおこしやすい(タンを吐く力が低下する)

 

 

 

 

 

 

 

このような事項について理解をしておきましょう。介護福祉士試験でも頻繁に出題されています。それでは、次回は…

 

 

 

 

 

 

 

「●過用症候群とは?」

 

 

 

 

 

 

 

について解説をしていきます。

 

 

 

 



HOME プロフィール お問い合わせ