●障害高齢者の日常生活自立度とは?

●障害高齢者の日常生活自立度とは?

 

 

 

 

案件紹介も面接設定も条件交渉もすべてお任せ|スマイルSUPPORT介護

 

 

 

 

 

 

前回では、リハビリテーションの分類について解説をしました。今回は「●障害高齢者の日常生活自立度とは?」について解説をします。…

 

 

 

 

 

 

 

「障害高齢者の日常生活自立度判定基準」

 

 

 

 

 

 

 

とは、高齢者の「寝たきり度の判定」を行います。厚生労働省が作成した基準です。目的としては「高齢者の」…

 

 

 

 

 

 

 

「ADLの状況」

 

 

 

 

 

 

 

を客観的に判定するための基準です。ランクはおおまかに4つに分類されています。「J」「A」「B」「C」です。そして、それぞれのランクに応じて…

 

 

 

 

 

 

 

「分類」

 

 

 

 

 

 

 

されています。それでは、障害高齢者の日常生活自立度についてまとめます。

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

●障害高齢者の日常生活自立度→寝たきり判定基準

 

○J→ほぼ自立、独力で外出できる

  • ・1→交通機関を利用して外出可能
  • ・2→隣近所に外出可能

○A→屋内での生活は自立可能

  • ・1→介助により外出可能
  • ・2→日中、寝たり起きたりの生活

○B→ベッド上の生活が主体である(座位の保持は可能)

  • ・1→車椅子に移乗できる
  • ・2→介助により車椅子に移乗できる

○C→一日中、ベッド上で過ごす

  • ・1→自力で寝返りを打つ
  • ・2→自力で寝返りを打たない

 

 

 

 

 

 

 

このような事項について理解をしておきましょう。介護福祉士試験でも頻繁に出題されます。しっかりと理解をしておきましょう。それでは、障害高齢者の日常生活自立度判定基準についてまとめます。

 

 

 

 

 

 

 

●障害高齢者の日常生活自立度判定基準(寝たきり度)

  • ・厚生労働省が作成した基準
  • ・高齢者のADLの状況を把握することが目的

・主に4つのランクで構成されている

  • ※J→独力で外出可能
  • ※A→屋内での生活は概ね自立している
  • ※B→ベッドでの生活が主体
  • ※C→終日、ベッドで過ごす

 

 

 

 

 

 

 

このような事項について理解をしておきましょう。介護福祉士試験でも「頻繁に」出題されています。それでは、次回は…

 

 

 

 

 

 

 

「●ADL(日常生活動作とは?)」

 

 

 

 

 

 

 

について解説をしていきます。

 

 

 

 

 



HOME プロフィール お問い合わせ