●精神障害者の権利とは?

●精神障害者の権利とは?

 

 

 

 

案件紹介も面接設定も条件交渉もすべてお任せ|スマイルSUPPORT介護

 

 

 

 

 

 

前回では、精神保健上の入院形態について解説をしました。今回は「●精神障害者の権利とは?」について解説をします。…

 

 

 

 

 

 

「精神障害者の権利」

 

 

 

 

 

 

 

は近年、権利擁護の高まりを受けて、重要視されています。国際的にも「患者の権利」という概念が重要視されています。そして…

 

 

 

 

 

 

 

「医師の説明義務」

 

 

 

 

 

 

 

という言葉も頻繁に聞かれるようになりました。特に国際的に問題視されているのは、日本の精神病患者の…

 

 

 

 

 

 

 

「入院年数の長さ」

 

 

 

 

 

 

 

です。長い人で精神病院に「30年」入院している人もいます。このような状態は、国際的に非難されています。…

 

 

 

 

 

 

 

「常識的」

 

 

 

 

 

 

 

に考えても30年という長さは「常軌を逸している」というのが、国際的な判断です。このような背景を受けて…

 

 

 

 

 

 

 

「患者の権利」

 

 

 

 

 

 

 

が重要視されています。特に精神障害を有する人の「権利擁護」は急を要します。精神病院に入院している人の半数は…

 

 

 

 

 

 

 

「統合失調症」

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

です。次に多いのが「認知症」です。そして「気分障害」です。このように「統合失調症」「認知症」「気分障害」の人で…

 

 

 

 

 

 

 

「大半」

 

 

 

 

 

 

 

を占めています。そして、入院形態は任意入院が約半数です。そして、「医療保護入院」「措置入院」という…

 

 

 

 

 

 

 

「順番」

 

 

 

 

 

 

 

になっています。患者の権利としては、以下の権利があります。

 

 

 

 

 

 

 

●患者の権利

  • ・患者から退院の申し出があった場合、速やかに退院させる
  • ・信書の制限はできない
  • ・行政機関の職員との面会の制限はできない
  • ・患者、保護者は知事に対して、退院の請求を行える

 

 

 

 

 

 

 

このような事項について理解をしておきましょう。介護福祉士試験でも出題される可能性があります。それでは、患者の権利についてまとめます。

 

 

 

 

 

 

 

●患者の権利

  • ・国際的にも患者の権利は擁護されている
  • ・海外から日本の精神病院の入院年数の長さは非難されている

○入院患者の疾患

  • ・統合失調症→半数
  • ・認知症
  • ・気分障害
  • ※上記の疾患で大半を占めている

○入院形態

  • ・任意入院→半数以上
  • ・医療保護入院→約30%
  • ・措置入院

○患者の権利

  • ・患者の申し出があれば、退院させる
  • ※知事に退院の請求を行う権利がある
  • ・信書の制限はできない
  • ・行政職員との面会制限はできない

 

 

 

 

 

 

 

このような事項について理解をしておきましょう。介護福祉士試験でも出題される可能性があります。それでは、次回は…

 

 

 

 

 

 

 

「●リハビリテーションとは?」

 

 

 

 

 

 

 

について解説をしていきます。

 

 

 

 

 



HOME プロフィール お問い合わせ