●精神保健の措置入院とは?

●精神保健の措置入院とは?

 

 

 

 

案件紹介も面接設定も条件交渉もすべてお任せ|スマイルSUPPORT介護

 

 

 

 

 

 

前回では、学習障害について解説をしました。今回は「●精神保健の措置入院とは?」について解説をしていきます。精神保健の分野では…

 

 

 

 

 

 

 

「様々な入院形態」

 

 

 

 

 

 

 

 

があります。入院形態には以下の4種類があります。

 

 

 

 

 

 

 

▲精神保健上の入院形態

  • ・措置入院→自傷他害の恐れのある精神障害者
  • ・医療保護入院→医療および保護が必要な精神障害者
  • ・任意入院→本人の同意により入院
  • ・応急入院→急を要する場合、72時間が限度

 

 

 

 

 

 

 

精神保健での入院形態は上記のように分類されています。それでは、「措置入院」から解説をしていきます。

 

 

 

 

 

 

 

▲措置入院

 

措置入院とは、自傷他害の恐れのある精神障害者の入院措置です。原則として「2名以上」の精神保健指定医の…

 

 

 

 

 

 

 

「診察」

 

 

 

 

 

 

 

が必要です。しかし、「緊急処置入院」の場合は「1名」の指定の判断で可能です。「72時間」が限度となっています。次に…

 

 

 

 

 

 

 

「医療保護入院」

 

 

 

 

 

 

 

について解説をします。

 

 

 

 

 

 

 

▲医療保護入院

 

医療保護入院とは「医療」および「保護」が必要な精神障害者を入院させるための措置です。指定医が…

 

 

 

 

 

 

 

「保護の必要性」

 

 

 

 

 

 

 

を認める必要があります。そして、「家族の同意」が必要です。そして、次に…

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

「任意入院」

 

 

 

 

 

 

 

について解説をします。

 

 

 

 

 

 

 

▲任意入院

 

任意入院とは、原則的な入院形態です。本人の同意が必要です。そして、…

 

 

 

 

 

 

 

「応急入院」

 

 

 

 

 

 

 

があります。応急入院について解説をします。

 

 

 

 

 

 

 

 

▲応急入院

 

応急入院とは、「急を要する場合」に認められる入院形態です。72時間が限度である、ということが特徴的です。

 

 

 

 

 

 

 

日本の精神医療は「入院期間が長い」という批判が諸外国からあります。そして、精神薬が「麻薬成分」と…

 

 

 

 

 

 

 

「類似している」

 

 

 

 

 

 

 

という指摘があります。今後、精神医療分野でも「医療訴訟」が増加する、という予測もあります。介護福祉士試験で…

 

 

 

 

 

 

 

「出題」

 

 

 

 

 

 

 

される可能性があります。確認をしておきましょう。それでは、今回の内容をまとめます。

 

 

 

 

 

 

 

●精神保健の入院形態

 

○措置入院

  • ・自傷他害の恐れのある精神障害者
  • ・2名以上の指定医の診察が必要
  • ※緊急処置入院の場合、1名でも可能(72時間が限度)

○医療保護入院

  • ・医療及び保護が必要な精神障害者
  • ・家族が同意
  • ・指定医が必要を認める

○任意入院

  • ・原則の入院形態
  • ・本人の同意にもとづく

○応急入院

  • ・保護者の同意がすぐに得られない
  • ・急を要する場合、72時間を限度

 

 

 

 

 

 

 

このような事項について理解をしておきましょう。介護福祉士試験でも出題される場合があります。それでは、次回は…

 

 

 

 

 

 

 

「●精神障害者の権利とは?」

 

 

 

 

 

 

 

について解説をしていきます。

 

 

 

 

 




HOME プロフィール お問い合わせ