●学習障害とは?

●学習障害とは?

 

 

 

 

案件紹介も面接設定も条件交渉もすべてお任せ|スマイルSUPPORT介護

 

 

 

 

 

 

前回では、注意欠陥多動性障害について解説をしました。今回は「●学習障害とは?」について解説をしていきます。学習障害とは…

 

 

 

 

 

 

 

「全般的な」

 

 

 

 

 

 

 

知能の遅れはありません。しかし、「特定の能力」の習得に困難が生じます。具体的には「聞く」「話す」「読む」「書く」…

 

 

 

 

 

 

 

「計算をする」

 

 

 

 

 

 

 

などの機能に困難が生じます。しかし、常識的に考えてみても理解できるように、「読み」「書き」「計算」などの…

 

 

 

 

 

 

 

「能力」

 

 

 

 

 

 

 

は個人差があります。したがって、個人の能力差を「障害である」と診断をすることは、「子供の人権」を…

 

 

 

 

 

 

 

「侵害」

 

 

 

 

 

 

 

する危険性があります。国際的な条約に規定されているように、「子供の権利」は保護されています。子供は…

 

 

 

 

 

 

 

「自分で」

 

 

 

 

 

 

 

自分の権利を主張することができません。注意欠陥多動性障害のように、「大人の恣意的な判断」「ビジネス上の利益」などを…

 

 

 

 

 

 

 

「理由に」

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

国際条約で定められている「子供の権利」を侵害する恐れがあります。最近、「権利意識の高まり」により…

 

 

 

 

 

 

 

「子供の学習障害」

 

 

 

 

 

 

 

などの「個性の範疇」に含まれる事項については「慎重な見方」がなされています。場合によっては「薬剤投与」などの…

 

 

 

 

 

 

 

「副作用」

 

 

 

 

 

 

 

を理由に将来的に「医療訴訟」などが増加する、という予測もあります。このように、最近は「権利擁護の観点から」…

 

 

 

 

 

 

 

「子供の学習障害」

 

 

 

 

 

 

 

などに対する「レッテル貼り」「薬剤投与」については慎重な意見がある、ということを確認しておきましょう。介護福祉士試験でも出題される可能性があります。

 

 

 

 

 

 

 

それでは、学習障害についてまとめます。

 

 

 

 

 

 

 

●学習障害

  • ・全般的な知能の遅れはない
  • ・特定の能力に困難を生じる

○症状

  • ・計算
  • ・聞く
  • ・書く
  • ・話すなど

○今後の予測

  • ・子供の権利は国際条約により保護されている
  • ・学習障害は個性の範囲
  • ・子供に対する薬剤投与は慎重に行うべき
  • ・大人の都合で子供を管理している
  • ・今後、医療訴訟が増加するかもしれない

 

 

 

 

 

 

 

このような事項について理解をしておきましょう。介護福祉士試験で出題される可能性があります。次回は…

 

 

 

 

 

 

 

「●精神保健の措置入院とは?」

 

 

 

 

 

 

 

について解説をしていきます。

 

 

 

 

 




HOME プロフィール お問い合わせ