●パーキンソン病とは?

●パーキンソン病とは?

 

 

 

 

案件紹介も面接設定も条件交渉もすべてお任せ|スマイルSUPPORT介護

 

 

 

 

 

前回では、筋萎縮性側索硬化症について解説をしました。今回は「●パーキンソン病とは?」について解説をしていきます。パーキンソン病は…

 

 

 

 

 

「60歳前後の人」

 

 

 

 

に多く発生します。そして、神経伝達物質である「ドーパミンの産生量」が減少する、ということが特徴です。そして、中脳の…

 

 

 

 

 

「黒質」

 

 

 

 

が変性します。そして、神経細胞が変化をします。このようにして、運動を「スムーズ」に行なうことができなくなります。パーキンソン病は、このような症状から…

 

 

 

 

 

「神経疾患」

 

 

 

 

 

に分類されます。主な症状としては「姿勢反射障害」「動作緩慢」「筋固縮」「安静時振戦」などがあります。このように、パーキンソン病は…

 

 

 

 

 

「動作」

 

 

 

 

 

に異変が生じます。それでは、パーキンソン病についてまとめます。

 

 

 

 

●パーキンソン病

  • 「60歳前後に発症する」
  • 「神経伝達物質であるドーパミンが減る」
  • 「中脳の黒質の神経細胞が変性する」
  • 「運動をスムーズに行えない」

 

 

 

 

●症状

  • ・動作緩慢
  • ・姿勢反射障害
  • ・筋固縮
  • ・安静時振戦など

 

 

 

 

 

 

このような症状がパーキンソン病の特徴です。そして「神経疾患」に分類されます。その他の症状としては、「すくみ足」などが特徴的です。そして・

 

 

 

 

 

 

「突進症状」

 

 

 

 

 

「すくみ足」「前かがみの姿勢」「仮面様顔貌」などがみられます。「うつ症状」なども発現する場合があります。その他には、…

 

 

 

 

 

 

「認知症」

 

 

 

 

 

などの症状もみられます。自律神経に異常が現れることがあります。治療法は「薬物療法」が中心です。薬物療法には…

 

 

 

 



 

 

 

 

 

 

 

 

「ドパミンアゴニスト」

 

 

 

 

 

などが基本です。状態によれば「脳手術」などを行なう場合があります。パーキンソン病も発症年齢が「60歳前後」と比較的…

 

 

 

 

 

「若いために」

 

 

 

 

 

介護の問題などが生じます。特に、筋萎縮性側索硬化症などのように、「父親」などの経済的な基盤を有するひとが…

 

 

 

 

 

 

「パーキンソン病」

 

 

 

 

 

に罹ると、家族にも影響が生じます。そのために、社会的にも「パーキンソン病」「筋萎縮性側索硬化症」などの「難病患者」を…

 

 

 

 

 

「支援」

 

 

 

 

 

していくことは重要です。今後、介護福祉士などの福祉関係者も「パーキンソン病患者」などの支援を行う場面が生じるようになります。そのために…

 

 

 

 

 

「知識」

 

 

 

 

 

をしっかりと習得しておきましょう。それでは、今回の内容をまとめます。

 

 

 

 

 

 

●パーキンソン病

 

  • 「60歳前後の発症がおおい」
  • 「運動をスムーズに行えない」
  • 「ドーパミンの産生量がへる」
  • 「黒質が変化する」

 

 

 

 

●症状

  • ・姿勢反射障害
  • ・動作緩慢
  • ・筋固縮
  • ・安静時振戦

 

 

 

●その他の症状

  • ・すくみ足
  • ・小刻み歩行
  • ・突進現象
  • ・うつ症状
  • ・認知症
  • ・仮面様顔貌
  • ・自律神経異常

 

 

 

 

 

●治療法

  • ・薬物療法→ドパミンアゴニストなど
  • ・脳外科出術など

 

 

 

 

 

このような事項について理解をしておきましょう。それでは、次回は…

 

 

 

 

 

 

「●脊髄小脳変性症とは?」

 

 

 

 

 

について解説をしていきます。

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 


HOME プロフィール お問い合わせ