●認知症の介護の方法とは?

 

 

 

 

 

案件紹介も面接設定も条件交渉もすべてお任せ|スマイルSUPPORT介護

 

 

 

 

 

前回では、パーソンセンタードケアについて解説をしました。今回は、「●認知症の人の介護の方法とは?」について解説をしていきます。認知症の人の支援を行う場合、…

 

 

 

 

 

「自己覚知」

 

 

 

 

 

を行なうことが必要です。他者の支援を行う場合、「自分自身を知る」ことが重要となります。そのためには、「自己覚知」することが…

 

 

 

 

 

「重要」

 

 

 

 

 

です。そして、認知症の支援を行う場合、介護者は「穏やかな気持」で支援を行うことが重要です。穏やかな気持で利用者に…

 

 

 

 

 

「接する」

 

 

 

 

ことが大切です。そして介護者が穏やかな気持で接することにより、認知症の人も「心が安定」します。認知症の人は認知機能が低下しています。しかし…

 

 

 

 

 

「感覚は鋭敏」

 

 

 

 

 

です。そのために、介護者が不機嫌な状態であれば、その気持ちは本人に伝わります。そして、認知症を有する人は…

 

 

 

 

 

「イライラ」

 

 

 

 

することがあります。介護者は、そのようなことがないように注意をしましょう。そして、、利用者が「失敗」をした場合は、厳しく…

 

 

 

 

「叱責」

 

 

 

 

しないように注意をしましょう。逆効果になります。利用者が「排泄」などの失敗をしても、相手の「自尊心」を大切にすることが…

 

 

 

 

 

「大切」

 

 

 

 

 

です。そして、利用者が「徘徊」を行なう場合も、直接、徘徊を「制止」しないようにしましょう。しばらくは「様子」を伺いましょう。そして、適切な…

 

 

 

 

 

「タイミング」

 

 

 

 

 

で声掛けを、おこなうようにしましょう。そして、認知症の人に、「話しかける場合」、簡潔に伝えましょう。そして、複雑な表現を…

 

 

 

 



 

 

 

 

 

 

 

「避ける」

 

 

 

ようにしましょう。相手が理解しやすいように、簡潔に伝えるように意識をするとよいでしょう。そして、日常の生活においては利用者の…

 

 

 

 

「長所」

 

 

 

 

を発見するようにしましょう。そして、利用者の「潜在能力」を伸ばすことができるようにします。このように、相手が「できること」を…

 

 

 

 

「伸ばす」

 

 

 

 

事が大切です。利用者の「強み」を伸ばすように支援をするとよいでしょう。そして、利用者が何度も同じ話を繰り返す場合も…

 

 

 

 

 

 

「相手に合わせて」

 

 

 

 

 

 

答えを返すようにしましょう。介護者が「不機嫌そうな表情」で対応をすると、相手に伝わります。そのようなことが、ないように注意をしましょう。それでは、今回の内容をまとめます。

 

 

 

 

 

 
●認知症の支援方法

  • 「介護者は自己覚知を行なう」
  • 「介護者は自分を知る」

 

 

 

○具体的な支援法

 

  • ・穏やかな気持で支援をする
  • ・相手の自尊心を傷つけない
  • ・利用者の失敗を責め立てない
  • ・徘徊を直接、制止しない
  • ・利用者の話に耳をかたむける
  • ・簡潔に相手に伝える
  • ・本人の長所を伸ばす
  • ・不機嫌そうな態度で接しない

 

 

 

 

 

このような事項について理解をしておきましょう。介護福祉士試験で出題されます。それでは、次回は…

 

 

 

 

 

「●認知症対策とは?」

 

 

 

 

 

 

について解説をしていきます。

 

 

 

 

 


 

 

 


HOME プロフィール お問い合わせ