●パーソン・センタード・ケア

●パーソン・センタード・ケアとは?

 

 

 

 

 

案件紹介も面接設定も条件交渉もすべてお任せ|スマイルSUPPORT介護

 

 

 

 

 

前回では、センター方式について解説をしました。今回は、「●パーソン・センタード・ケア」について解説をしていきます。「パーソンセンタードケアは」…

 

 

 

 

「トム・キットウッド」

 

 

 

 

というイギリスの心理学者が提唱しました。そして、認知症になっても「自分らしく」生活を継続することを目的としています。そして…

 

 

 

 

 

「自分らしく」

 

 

 

 

 

生活を継続できるように、「個別支援」をおこなうことを提唱しています。パーソンセンタードケアでは、「生活する個人」を…

 

 

 

 

 

「対象」

 

 

 

 

 

としています。つまり、「疾病」を中心に認知症を考えるのではありません。あくまでも「本人中心の視点」を大事にします。そして、認知症の状態は以下の5つの要因が原因で発症している。と考えています。

 

 

 

 

 
●認知症の5つの要因

 

  • @脳障害→アルツハイマー病、脳血管障害
  • A性格傾向→気質、能力など
  • B生活歴→生育歴など
  • C健康状態→既往歴、聴力、視力の状態など
  • D社会状況→人間関係、環境など

 

 

 

 

 

 

このような、要因により、認知症が発症する。と考えています。このように、イギリスの心理学者では「トム・キットウッド」は認知症の支援を行う場合…

 

 

 

 

 

「本人中心の視点」

 

 

 

 

で行なうことを重要視しています。なぜなら、「本人中心」の認知症の支援が行われないと、人権が侵害される恐れがあるからです。例えば…

 

 

 

 

 

「認知症の支援」

 

 

 

 

 

を実施する場合、「利用者本位」でなく、「疾病中心」で行う場合、本人の主体性が損なわれる場合があります。そして、…

 

 

 

 

 



 

 

 

 

 

 

 

 
「本人の権利」

 

 

 

 

 

 

が侵害される恐れがあります。例えば、心身に負担のかかる「検査」を何度も実施する。などの状況が発生するかもしれません。そして、本人にとって…

 

 

 

 

 

「心身に負担のかかる」

 

 

 

 

 

薬剤を多剤投与されるかもしれません。このような危険性を回避するためには、「本人中心の視点」が重要である。というように…

 

 

 

 

 

「トム・キットウッド」

 

 

 

 

は考えました。つまり、「本人の主体性」を重視しました。介護福祉士試験でも「パーソンセンタードケア」は出題される可能性があります。しっかりと確認をしておきましょう。それでは、今回のまとめを行います。

 

 

 

 

 

 

 

●パーソンセンタードケア

 

 

  • 「イギリスの心理学者であるトム・キットウッドが提唱した」
  • 「本人中心の視点を重視した」
  • 「病気の症状よりも、本人の視点を重視する」
  • 「認知症の症状は5つの要因により、引き起こされる)

 

 

 

 

●5つの要因

 

  • @脳の障害→アルツハイマーなど
  • A性格→能力、生活スタイル、気質など
  • B生活歴→職歴、学習歴、趣味など
  • C健康状態→持病の有無など
  • D社会状況→人間関係、生活環境など

 

 

 

 

 

 

 

このような事項について理解をしておきましょう。それでは、次回は…

 

 

 

 

 

「●認知症の介護の方法とは?」

 

 

 

 

 

 

について解説をしていきます。

 

 

 

 

 


 

 


HOME プロフィール お問い合わせ