●認知症高齢者の自立度とは?

●認知症高齢者の自立度とは?

 

 

 

 

案件紹介も面接設定も条件交渉もすべてお任せ|スマイルSUPPORT介護

 

 

 

 

 

前回では、認知症の評価スケールについて解説をしました。今回は、●認知症高齢者の自立度とは?について解説をしていきます。認知症高齢者の日常生活自立度判定基準とは…

 

 

 

 

「厚生労働省」

 

 

 

 

が作成した指標です。認知症高齢者の日常生活自立度判定基準は、高齢者の認知症の「程度」を把握します。そして、認知症高齢者の…

 

 

 

 

「日常生活の自立度」

 

 

 

 

を客観的に判定するための基準です。全部で5段階あります。それでは、1段階から解説をしていきます。

 

 

 

 

●認知症高齢者の日常生活自立度判定基準

 

 

  • ・T段階

 

 

 

  • ・U段階
  • ※UA
  • ※Ub

 

 

 

 

  • ・V段階
  • ※VA
  • ※Vb

 

 

 

 

  • ・W段階

 

 

 

 

  • ・M段階

 

 

 

 

 

 

全部でこのように、5段階あります。T段階目は、何らかの「認知症」を有する状態です。日常生活は「ほぼ自立状態」です。第U段階目は…

 

 

 

 

「誰かが注意」

 

 

 

 

をしていれば自立できる状態です。しかし、日常生活に「多少」意思疎通の困難さが見られます。UAの状態は、「家庭外」で上記Uの状態が…

 

 

 

 

 

「見られます」

 

 

 

 

 

そして、Ubは「家庭内」でも上記Uの状態がみられます。このように、U段階目の特徴としては「家庭内」「家庭外」でそれぞれ…

 

 

 

 

 

「症状が見られる」

 

 

 

 

ということを重視しています。そして、第V段階では、「介護を必要とする状態」です。そして、行動やコミュニケーションの困難さが…

 

 

 

 

 

 

「時々見られる」

 

 

 

 

 

 

状態です。VAでは、「日中」を中心として、上記の症状が見られる状態です。そして、Vbでは、「家庭内」でも上記の…

 

 

 

 



 

 

 

 

 

 

 

 

 

「状態」

 

 

 

 

が見られます。このように、Vでは「介護が必要な状態」として分類されます。そして、Wでは、「常時介護」を必要とする状態です。そして、…

 

 

 

 

「コミュニケーションの困難さ」

 

 

 

 

が頻繁に見られる状態です。Mでは、「専門医療を必要」とする段階です。そして、「著しい精神症状」「重篤な身体症状」が見られる状態です。このように、…

 

 

 

 

 

「厚生労働省」

 

 

 

 

が作成した基準では、細かく「認知症」の状態が分類されています。介護福祉士試験でも出題されます。しっかりと理解をしておきましょう。それでは、今回の内容をまとめます。

 

 

 

 

 

 

 

  • ●認知症高齢者の日常生活自立度判定基準

 

 

  • 「厚生労働省が作成した基準」

 

 

 

 

 

  • ・T→ほぼ自立状態

 

 

 

 

  • ・U→誰かが注意をしていれば自立できる
  • ※UA→家庭外でUの状態がみられる
  • ※Ub→家庭内でもUの状態がみられる

 

 

 

 

 

・V→介護を必要とする

  • ※VA→日中を中心としてVの状態がみられる
  • ※Vb→夜間を中心としてVの状態がみられる

 

 

 

 

 

・W→常時介護を必要とする

  •     意思疎通が困難である

 

 

 

 

・M→専門医療を必要とする

  •     著しい精神症状がある

 

 

 

 

 

 

このような事項について理解をしておきましょう。それでは、次回は…

 

 

 

 

 
「●認知症治療薬とは?」

 

 

 

 

 

について解説をしていきます。

 

 

 

 

 


 

 

 


HOME プロフィール お問い合わせ