●認知症の行動障害とは?

●認知症の行動障害とは?

 

 

 

 

 

案件紹介も面接設定も条件交渉もすべてお任せ|スマイルSUPPORT介護

 

 

 

 

 

前回では、認知症の心理症状について解説をしました。今回は、「●認知症の行動障害とは?」について解説をしていきます。認知症の行動障害とは以前は…

 

 

 

 

 

「問題症状」

 

 

 

 

と言われていました。認知症の介護を行う場合、中核症状よりも「周辺症状」のほうが、介護の困難さは増します。特に…

 

 

 

 
「行動症状」

 

 

 

 

は介護の困難さを増します。それは、行動症状について以下にまとめます。

 

 

 

 

 

 
●行動症状

 

  • @徘徊
  • A帰宅願望
  • B失禁
  • C異食
  • D収集癖
  • E攻撃的言動

 

 

 

 

 

周辺症状は、このような行動症状があります。それでは@の徘徊から解説をしていきます。徘徊とは「何らかの目的」があって…

 

 

 

 

「周囲をさまよう」

 

 

 

 

などの行動を言います。しかし、その「目的」は周囲の人には理解されません。例えば、自宅にいるのに「家に帰ります」というような言動を行います。そして、…

 

 

 

 

 

「家族」

 

 

 

 

などを当惑させます。徘徊の対応方法として「傾聴」することが基本です。そして、相手に「共感」を示すことが重要です。直接、行動を…

 

 

 

 

「中止させる」

 

 

 

 

ことは、逆効果となります。行動症状には「帰宅願望」があります。帰宅願望は「家にいるのに」自宅に帰ろうとする。などの行動を言います。特に…

 

 

 

 

 

「夕方」

 

 

 

 

になると、多く見られます。夕暮れ症候群とも言われます。対応方法は、「傾聴」と「共感」が基本です。そして、行動症状として…

 

 

 

 

「失禁」

 

 

 

 

があります。失禁とは、「トイレの場所がわからなくなる」などの状態を言います。その結果、排泄に失敗をする場合があります。そして、…

 

 

 

 

「尿意を感じる機能が低下」

 

 

 

 

することにより、起こることもあります。行動症状には「異食」などの行為もあります。異食とは「花を食べる」などの行為を行います。つまり…

 

 

 

 

 



 

 

 

 

 

 

 

 

 

「食べることができない」

 

 

 

 

 

異物を実際に食べる状態を言います。そして認知症の症状として「攻撃的言動」があります。認知症の周辺症状として…

 

 

 

 

 

「攻撃性が高まる」

 

 

 

 

ことがあります。そして、「収集癖」などもあります。収集癖とは他の人にとって「無価値」と思える物を貯め込む。などの行動を言います。このように、周辺症状の…

 

 

 

 

 

「行動症状」

 

 

 

 

 

は分類できます。介護福祉士試験でも「頻出事項」なので、しっかりと理解をしておきましょう。それでは、今回の内容をまとめます。

 

 

 

 

 

 

●認知症の行動症状

 

@徘徊

  • ・何らかの目的がある→近所を彷徨う…など
  • ・直接、制止すると逆効果
  • ・傾聴を行なう
  • ・共感を示す

 

 

 

 

A帰宅願望

  • ・家に帰りたい、と訴える
  • ・自宅にいても「家に帰る」と訴える
  • ・夕方に症状がみられる
  • ・傾聴をする

 

 

 

 

B失禁

  • ・尿意がわからなくなる
  • ・トイレの場所がわからなくなる

 

 

 

 

C異食

  • ・花などを食べる
  • ・食べれないものを、食べようとする

 

 

 

 

 

 

  • D攻撃的言動がある

 

 

 

 

 

 

E収集癖

  • ・他人がみると、無価値な物を収集する

 

 

 

 

 

 

 

このような事項について理解をしておきましょう。それでは、次回は…

 

 

 

 

 

 

「●認知症の評価方法とは?」

 

 

 

 

について解説をしていきます。

 

 

 

 

 


 

 

 


HOME プロフィール お問い合わせ