●アルコール性認知症とは?

●アルコール性認知症とは?

 

 

 

 

 

案件紹介も面接設定も条件交渉もすべてお任せ|スマイルSUPPORT介護

 

 

 

 

 

前回では、ハンチントン病について解説をしました。今回は、●アルコール性認知症とは?について解説をしていきます。アルコール認知症とは…

 

 

 

 

「アルコール依存の人」

 

 

 

 

 

に発現する認知症です。原因としては、アルコールを過度に飲用することで発症します。そして、それ以外の原因としては、「栄養障害」や…

 

 

 

 

「ビタミンB1の欠乏」

 

 

 

 

なども原因で発症します。このように、過度にアルコールを乱用することで認知機能の障害が起こります。そして、栄養不足が著しいことにより…

 

 

 

 

「脳機能が低下」

 

 

 

 

することが原因です。一般的には「ウェルニッケ・コルサコフ症候群」が知られています。アルコール性認知症は、現在では、アルツハイマー型認知症。血管性認知症、レビー小体型、前頭側頭型などの…

 

 

 

 

「四大認知症」

 

 

 

 

ほどは、認知されていません。しかし、現実としては、かなりの人数の人が「アルツハイマー型認知症」として苦しんでいる状況があると予測できます。アルコールは脳を…

 

 

 

 

 

「萎縮させる」

 

 

 

 

という作用もあります。そのために、アルコールを過度に常用することは非常に危険です。なぜなら、被害は自分だけに限定されないからです。家族や…

 

 

 

 



 

 

 

 

 

 

 

 

「周囲の人間」

 

 

 

 

の人生も破壊してしまいます。そして、最後はアルコール性認知症になります。アルコール依存症は、このように、悲惨な結末を迎えます。そして、愛する家族の人生を…

 

 

 

 

「破壊」

 

 

 

 

しないためにも、過度の飲酒は慎みましょう。どうしても断酒できない場合は「断酒会」などに参加をしてみましょう。それでは、今回の内容をまとめます。

 

 

 

 

 

 

●アルコール性認知症

  • 「アルコール依存症の人にみられる」
  • 「栄養障害が原因でも発症する」
  • 「ビタミンB1の欠乏でも認知障害をおこす」
  • 「ウェルニッケ・コルサコフ症候群が知られている」

 

 

 

 

●予防方法

  • @過度に飲酒をしない
  • A飲酒以外のストレス解消方法を見つける
  • Bお酒の危険性を知る
  • C栄養不足に注意をする
  • DビタミンB1欠乏に注意をする
  • Eバランスの良い食事を行なう
  • F断酒会などに参加をしてみる

 

 

 

 

 

 

このような事項について理解をしておきましょう。それでは、次回は…

 

 

 

 

 

「●若年性認知症とは?」

 

 

 

 

について解説をしていきます。

 

 

 

 

 


 

 

 


HOME プロフィール お問い合わせ