●慢性硬膜下血腫とは?

●慢性硬膜下血腫とは?

 

 

 

 

案件紹介も面接設定も条件交渉もすべてお任せ|スマイルSUPPORT介護

 

 

 

 

 

前回では、レビー小体型認知症について解説をしました。今回は、●慢性硬膜下血腫とは?について解説をしていきます。慢性硬膜下血腫とは…

 

 

 

 

「転倒」

 

 

 

 

などによる頭部の外傷が原因で発症します。症状としては「認知症」に類似した症状がみられます。慢性硬膜下血腫の疾患の原因としては…

 

 

 

 
 
「硬膜の下」

 

 

 

 

 

と脳の間に、「血腫」ができる疾患です。そして、血腫が脳を「圧迫」します。血腫が脳を圧迫することで、様々な症状を引き起こします。慢性硬膜下血腫では…

 

 

 

 

 
「認知症」

 

 

 

 

 

に類似した症状が見られます。しかし、血腫を除去する手術で「認知症」が緩和されることがあります。そのために、慢性硬膜下血腫は…

 

 

 

 

 

「治療可能」

 

 

 

 

 

な認知症である。とされています。慢性硬膜下血腫の原因としては「転倒」などの外傷が原因です。そして、3ヶ月後に症状が…

 

 

 

 

 

「発症」

 

 

 

 

 

する場合があります。このように、慢性硬膜下血腫の場合、転倒時と症状の「時間差」があります。そのために、転倒後の経過観察をしっかりと…

 

 

 

 

 

「行なう」

 

 

 

 

 

事が重要です。尚、慢性硬膜下血腫の症状が発現すると、認知症と類似した状態になることがあります。そのために、日常生活での…

 

 

 

 

 

「障害」

 

 

 

 

が生じることがあります。そのために、利用者や家族が転倒して「頭部」を強打した場合、経過観察を行なうことが非常に重要です。そして、認知症状が…

 

 

 

 



 

 

 

 

 

 

 

「発現しないか」

 

 

 

 

 

しっかりと観察を行いましょう。そして、治療可能な認知症として「正常圧水頭症」があります。正常圧水頭症では、「認知症」「歩行障害」…

 

 

 

 

「脳失禁」

 

 

 

 

などの症状があります。治療方法としては「シャント手術」を行います。そして、髄液の流れを整えます。このように、正常圧水頭症では…

 

 

 

 

 

「髄液の流れ」

 

 

 

 

 

を整えることで症状が改善されることがあります。正常圧水頭症の原因としては「脳室拡大」により水頭症が進行します。そして、症状が…

 

 

 

 

「悪化」

 

 

 

 

していきます。このように、脳機能の異変により、引き起こされるのが「正常圧水頭症」です。尚、正常圧水頭症でも、「認知症」…

 

 

 

 

 

「歩行障害」

 

 

 

 

 

「尿失禁」などの症状がみられます。そのために、重度化すると「支援」が必要となります。介護福祉士試験でも出題されます。しっかりと理解をしておきましょう。それでは、今回の内容をまとめます。

 

 

 

 

 

 

 

●慢性硬膜下血腫

  • 「硬膜の下と脳の間に血腫ができる」
  • 「血腫が脳を圧迫する」
  • @転倒などの外傷が原因である
  • A3ヶ月後に症状が現れることがある
  • B認知症状に類似した性質がみられる
  • C血腫を除去する手術を行なう
  • D認知症が改善することがある

 

 

 

 

 

 

●正常圧水頭症

  • 「脳脊髄圧は正常範囲である」
  • 「脳室拡大がおきる」→「水頭症が進行する」
  • @認知症状がみられる
  • A歩行障害がある
  • B失禁をすることがある
  • Cシャント手術を行なう→髄液の流れ整える
  • D認知症状が緩和されることがある

 

 

 

 

 

 

 

このような事項について理解をしておきましょう。それでは、次回は…

 

 

 

 

 

「ハンチントン病とは?」

 

 

 

 

 

について解説をしていきます。

 

 

 

 


 

 


HOME プロフィール お問い合わせ