●血管性認知症とは?

●血管性認知症とは?

 

 

 

 

 

案件紹介も面接設定も条件交渉もすべてお任せ|スマイルSUPPORT介護

 

 

 

 

 

前回は、認知症について解説をしました。今回は、●血管性認知症とは?について解説をしていきます。血管性認知症とは、脳血管障害によって…

 

 

 

 

 

「神経細胞が壊れる」

 

 

 

 

 

ことが原因です。そして、認知症状が発現します。症状としては「片麻痺」が現れる場合があります。そして、言語障害などの…

 

 

 

 

「局所的症状」

 

 

 

 

を伴うことが多くあります。そして、血管性認知症の場合、「男性に多い」という特徴があります。症状は「階段状に進行」していくという…

 

 

 

 

「特徴が」

 

 

 

 

あります。つまり、血管性認知症とは「神経細胞」が壊れることにより発症します。そして、「言語障害」「片麻痺」などの症状を伴うことが…

 

 

 

 

「多い」

 

 

 

 

ということです。症状は「階段状に進行」することが多い、という特徴があります。そして、アルツハイマー型と異なり、男性に多く見られます。もし、血管性認知症が発現した場合、…

 

 

 

 

「介護が必要」

 

 

 

 

となる場合があります。なぜなら、「片麻痺」などの症状を伴うからです。片麻痺を有する場合、排泄、移動など、日常生活を営むことが…

 

 

 

 

「非常に困難」

 

 

 

 

になることがあります。車椅子での移動が必要な場合もあります。そのような状態に陥ったら、家庭での生活は困難となります。例えば、住居内がバリアフリー仕様でないと…

 

 

 

 



 

 

 

 

 

 

 

「移動が困難」

 

 

 

 

となります。排泄を行なう場合もトイレを「バリアフリー仕様」に改修する必要があります。もし、適切な住居環境を整備できなければ、…

 

 

 

 

「自宅での生活が困難」

 

 

 

 

な状況になります。そのような場合は、施設などで生活を送ることが必要になります。介護福祉士試験では、アルツハイマー型認知症と…

 

 

 

 

 

「血管性認知症」

 

 

 

 

の区別が出題されることがあります。そのために、アルツハイマー型認知症と血管性認知症について、しっかりと区別をできるようになりましょう。それでは、今回の内容をまとめます。

 

 

 

 

 

 

●血管性認知症の特徴

  • 「脳血管障害によって、神経細胞が破壊される」
  • 「片麻痺を伴う場合がある」
  • 「言語障害を伴うことがある」
  • 「男性に多い」
  • 「階段状に症状が進行する」

 

 

 

 

●アルツハイマー型認知症

  • @脳萎縮がある
  • A女性に多い
  • B人格が崩れることがある
  • C徘徊をする場合がある
  • D多動である場合がある
  • E徐々に症状が進行していく

 

 

 

 

 

●血管性認知症

  • @脳血管障害を伴う
  • A第性に多い
  • B人格は比較的保持される
  • C感情失禁がある
  • Dまだら認知症

 

 

 

 

 

このような事項について理解をしておきましょう。それでは、次回も…

 

 

 

 

 

「認知症とは?」

 

 

 

 

について解説をしていきます。

 

 

 

 

 


 

 


HOME プロフィール お問い合わせ