●失行とは?

●失行とは?

 

 

 

 

案件紹介も面接設定も条件交渉もすべてお任せ|スマイルSUPPORT介護

 

 

 

 

前回では、高次脳機能障害について解説をしました。今回は、●失行とは?について解説をしていきます。失行とは、動作を実際に実行することが…

 

 

 

 

「困難な状態」

 

 

 

 

を言います。しかし、運動機能は損なわれていません。そのために、失行の状態になると、「運動機能」の障害はないのに…

 

 

 

 

「動作を遂行すること」

 

 

 

 

が困難な状態になります。そして、その結果、日常生活が困難になります。失行にも種類があります。一つは「観念失行」です。観念失行では、道具の使用方法は…

 

 

 

 

「理解」

 

 

 

 

できます。しかし、実際に自分で使用するとき、上手に道具を使用できない。という状態になります。そのような状態に陥るために、観念失行の状態になると…

 

 

 

 

「日常生活」

 

 

 

 

でも、困難を強いられます。そして、失行には「着衣失行」もあります。着衣失行では、服を着ることが上手にできません。具体的には、服を着る時に…

 

 

 

 

「上下逆さま」

 

 

 

 

になります。そして、裏表が逆になります。このような状態に陥るために、着衣失行は、日常生活に障害をきたすことがあります。失行の他にも…

 

 

 

 

「失認」

 

 

 

 

の状態も生活上に困難をもたらします。失認とは、対象を「認識できない状態」を示します。対象を認識することができないために、…

 

 

 

 

「空間を認識できない」

 

 

 

 

という状況になります。しかし、失認の状態は「感覚機能」は損なわれていません。そして、失認の状態も2種類に分類できます。一つは…

 

 

 

 
「半側空間無視」

 

 

 

 

です。半側空間無視の状態では、脳の「損傷部位」の反対側を認識できない状態を言います。「左側」に現れる場合が多いです。例えば、右脳を…

 

 

 

 

「損傷」

 

 

 

 

した場合、左側を認識できない、などの状態に陥ります。その結果、食事中でも、自分の「左側」を認識できません。その結果、…

 

 

 

 



 

 

 

 

 

 

「他者からの介助」

 

 

 

 

を必要とする場合があります。そして、左側を認識できない状態であると、交通事故などに遭遇する危険性が高まります。そのために、…

 

 

 

 

「半側空間無視」

 

 

 

 

は日常生活を営む場合、注意が必要となります。その他に、失認には「半側身体失認」があります。半側身体失認は、自分の半身に対して…

 

 

 

 

「認知」

 

 

 

 

することができません。「左側」に発現する場合が多くなります。半側身体失認では、自分の半身を認知できないために、生活上、様々な…

 

 

 

 

「障害」

 

 

 

 

となることがあります。介護福祉士試験でも、「失行」と「失認」は出題されます。しっかりと理解をしておきましょう。それでは、今回の内容をまとめます。

 

 

 

 

 

 

●失行→動作を遂行する能力に障害がある

  • @観念失行
  • ・道具の使用方法は理解できる
  • ・実際に道具を使用できない
  • A着衣失行
  • ・服を上手に着ることができない
  • ・上下を間違える
  • ・裏表を間違える

 

 

 

 

●失認→対象を認識できない

  • @半側空間無視
  • ・脳の損傷の反対側の刺激に対応できない
  • ※右脳を損傷した場合、左側に発現する事が多い
  • A半側身体失認
  • ・自分の半身に対して認知できない
  • ・左側に発現する事が多い

 

 

 

 

 

このような事項について理解をしておきましょう。それでは、次回は…

 

 

 

 

「認知症とは?」

 

 

 

 

について解説をしていきます。

 

 

 

 

 


 

 


HOME プロフィール お問い合わせ