●言語障害とは?

●言語障害とは?

 

 

 

 

案件紹介も面接設定も条件交渉もすべてお任せ|スマイルSUPPORT介護

 

 

 

 

前回では、麻痺状態について解説をしました。今回は、●言語障害とは?について解説をしていきます。言語障害は、2種類に分類できます。一つは「失語症」です。二つは…

 

 

 

 

「構音障害」

 

 

 

 

です。失語症はさらに「運動性失語」と「感覚性失語」に分類できます。そして、構音障害は「器質性構音障害」と「麻痺性構音障害」に分類できます。このように、言語障害は失語症と…

 

 

 

 

「構音障害」

 

 

 

 

に分類することができます。構音障害は直接「生命の危機」に陥る可能性は低いです。しかし、言語障害になると、他者との…

 

 

 

 

「コミュニケーション」

 

 

 

 

に障害が発生することがあります。そのために、言語障害は「コミュニケーション障害」も引き起こす可能性があります。もし、言語障害が原因で他者とのコミュニケーションが…

 

 

 

 

「困難」

 

 

 

 

になると、外出することに恐怖感を感じる場合があります。そして、住居に「閉じこもり傾向」になる場合があります。住居に閉じこもり傾向になると…

 

 

 

 
 
「生活不活発症候群」

 

 

 

 

 

になる場合があります。そのような状態に陥ると、「認知機能の低下」などを引き起こす原因となります。そのために、言語障害の人を支援する場合は…

 

 

 

 
「コミュニケーション方法」

 

 

 

 

に配慮をすることが重要です。それでは、言語障害についてまとめます。

 

 

 

 



 

 

 

 

 

 

 

 

●言語障害

  • 「言語障害は、失語症と構音障害に分類できる」
  • 「失語症は、運動性失語と感覚性失語に分類できる」
  • 「構音障害は、器質性構音障害と麻痺性構音障害に分類できる」
  • 「言語障害は、コミュニケーション障害の原因となることがある」

 

 

 

 

○失語症
@運動性失語(ブローカー失語)

  • ・表現能力が低下する→理解力は保たれている場合がある
  • ・他人の言葉は理解できる→しかし、自分は話すことが困難である

■対応法

  • @閉じられた質問をする→イエス、ノーで答えることができる
  • A図柄カードなどを活用する

 

 

 

 

○感覚性失語(ウェルニッケ言語)

  • @理解能力が低下する→表現力は保持される
  • A他人の言葉を理解することが困難である

 
■対応法

  • @ジェスチャーを活用する

 

 

 

 

 

○構音障害
@器質性構音障害

  • ・音声器官の障害が原因で発生する
  • ・発音に障害がある

 

 

 

A麻痺性構音障害

  • ・音声器官が麻痺している→唇、舌など
  • ・発音に障害がある

 

 

○対応方法

  • @五十音表を活用する
  • A筆談を行なう

 

 

 

 

 

このような、事項について理解をしておきましょう。介護福祉士試験でも出題される場合があります。それでは、次回は…

 

 

 

 

「●高次脳機能障害とは?」

 

 

 

 

について解説をしていきます。

 

 

 

 


 

 


HOME プロフィール お問い合わせ