●脳血管疾患とは?

●脳血管疾患とは?

 

 

 

 

案件紹介も面接設定も条件交渉もすべてお任せ|スマイルSUPPORT介護

 

 

 

 

前回では、高齢期の感覚器官の低下について解説をしました。今回は、●脳血管疾患とは?について解説をしていきます。脳血管疾患とは、一般的には…

 

 

 

 

「脳卒中」

 

 

 

 

と言われています。そして、脳卒中は「脳梗塞」と「頭蓋内出血」に分類できます。脳梗塞は「脳血栓」と「脳塞栓」に分類できます。そして、頭蓋内出血は…

 

 

 

 

「脳出血」

 

 

 

 

と「くも膜下出血」に分類できます。このように、脳卒中は、おおまかに2種類に分類できます。一つは「脳梗塞」です。そして、二つは…

 

 

 

 

「頭蓋内出血」

 

 

 

 

です。もし、脳血管疾患を発症すると、脳神経に重大な影響を生じさせます。脳血管疾患の後遺症により、「半身麻痺」などの状態になることもあります。そして、半身麻痺の状態になると…

 

 

 

 

 

「介護が必要」

 

 

 

 

になることがあります。このように、脳血管疾患は「要介護度の悪化」の原因となります。したがって、介護予防を実践して、健康寿命を増進させるためには…

 

 

 

 

「脳血管疾患」

 

 

 

 

を予防することが重要です。そのためには、脳血管疾患について知ることが重要です。それでは、以下に脳血管疾患について明記します。

 

 

 

 



 

 

 

 

 

 

 

 

 

●脳血管疾患(脳卒中)

 

○脳梗塞→脳内の血管が詰まる

  • @脳血栓
  • ・脳内の動脈に血栓ができる
  • ・動脈が壊死する
  • ・安静時に発生しやすい
  • ・血圧低下時にも発生しやすい

 

 

A脳塞栓→体内の血管が詰まる

  • ・脳以外の部分で血栓ができる
  • ・血栓が脳細動脈を塞ぐ
  • ・血栓は心疾患が原因で生じやすい→心房細動など

 

 

 

 

 

○頭蓋内出血→脳内の血管が破れる

  • @脳出血→脳内の血管が破裂する
  • ・脳内に出血をした状態
  • ・基底核部に発生しやすい
  • ・高血圧が原因で発生しやすい

 

 

 

Aくも膜下出血→脳動脈瘤が破裂する

  • ・脳の表面とくも膜の間に出血する
  • ・日中の活動時に発生しやすい
  • ・突然、激しい頭痛に襲われる
  • ・嘔吐、吐き気がある

 

 

 

 

 

このように、脳血管疾患は、様々な状況を引き起こします。そして、脳血管疾患を発症すると「半身麻痺」などの状態になる場合があります。そして、重篤な場合は…

 

 

 

 

 

「生命の危機」

 

 

 

 

に発展することがあります。介護現場でも、脳血管疾患に関する知識は重要です。介護福祉士試験でも出題されます。しっかりと確認をしておきましょう。それでは、今回の内容をまとめます。

 

 

 

 

 

 

●脳血管疾患(脳卒中)

 

 

 

「脳血管疾患は脳梗塞と頭蓋内出血に分類できる」

  • ○脳梗塞は以下の2種類に分類できる
  • ・脳血栓
  • ・脳塞栓

 

 

 

 

○頭蓋内出血は以下の2種類に分類できる

  • ・脳出血
  • ・くも膜下出血

 

 

 

 

○脳梗塞→血栓が詰まる

  • @脳血栓
  • ・脳内の動脈に血栓ができる
  • ・虚血性の壊死病変を引き起こす
  • ・安静時に発生する
  • ・血圧低下時にも発生する

 

 

 

A脳塞栓→脳以外の部分で血栓が生じる

  • ・血栓が脳細動脈を塞ぐ
  • ・心疾患などが原因で発生しやすい→心房細動など

 

 

 

 

○頭蓋内出血→脳内の血管が破れる

  • @脳出血
  • ・脳内の血管が破れる
  • ・脳内に出血をする
  • ・基底核部に発生しやすい
  • ・高血圧が原因で発生しやすい

 

 

 

Aくも膜下出血

  • ・脳動脈瘤が破裂する
  • ・脳の表面と、くも膜の間に出血をする
  • ・日中に発生しやすい
  • ・突然の激しい頭痛がある
  • ・嘔吐する場合がある

 

 

 

 

このような、事項について理解をしておきましょう。それでは、次回は…

 

 

 

 

「麻痺状態とは?」

 

 

 

 

について解説をしていきます。

 

 

 

 


 

 


HOME プロフィール お問い合わせ