●高齢期と感覚機能の変化とは?

●高齢期と感覚機能の変化とは?

 

 

 

 

 

案件紹介も面接設定も条件交渉もすべてお任せ|スマイルSUPPORT介護

 

 

 

 

 

前回では、高齢期の内分泌機能の低下について解説をしました。今回は、●高齢期と感覚機能の変化とは?について解説をしていきます。高齢期は…

 

 

 

 

「感覚機能の低下」

 

 

 

 

が生じやすくなっています。感覚機能とは「視覚」「聴覚」「平衡機能」などがあります。このような「感覚機能」が低下することにより、日常生活に…

 

 

 

 

「影響」

 

 

 

 

を及ぼします。例えば、視覚機能が低下すると「老眼」になります。老眼とは「距離感の調節」が上手にできなくなります。その結果…

 

 

 

 

「読書」

 

 

 

 

などに不便が生じます。読書を行なうことが困難になると「知的活動」に影響を与えます。知的活動に影響が生じると、…

 

 

 

 

「脳機能」

 

 

 

 

にも悪影響を与えます。そして、「認知機能」にも影響を与えるかも知れません。認知機能が低下すると、「認知症」などの…

 

 

 

 

「原因」

 

 

 

 

となることもあります。このように、感覚器の低下により、認知機能にも影響を与える可能性があります。そして、視覚機能の低下は、…

 

 

 

 

「水晶体の混濁」

 

 

 

 

を発現させることがあります。水晶体が混濁すると、明度に対応することが困難となります。その結果、明るい場所では、「まぶしさ」を感じることがあります。一方で夜間帯などは…

 

 

 

 

「見えにくく」

 

 

 

 

なることがあります。夜間帯、見えにくくなると、交通事故などに遭う確率も高まります。自動車の運転も困難となります。そして、自動車事故の…

 

 

 

 

 

「遠因」

 

 

 

 

となることがあります。このように、視覚機能の低下は「社会生活」にも影響を与えるのです。感覚器官は、「聴覚」機能も含みます。聴覚機能が低下すると…

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

「高音域」

 

 

 

 

を聞き取る事が困難となります。そのために、外出時などでも、背後から迫ってくる「自動車の音」などにも対応できない場合があります。その結果…

 

 

 

 

 

「交通事故の犠牲」

 

 

 

 

 

になる確率が高まります。このように、聴覚機能の低下は、社会的な影響に波及します。そして、難聴になることで、他者とのコミュニケーションも…

 

 

 

 

 

「困難」

 

 

 

 

 

となる場合があります。その結果、「孤立傾向」になることがあります。このように、感覚器官の低下は「社会的な影響」を与える場合があります。介護福祉士試験でも…

 

 

 

 

 

「出題」

 

 

 

 

されます。しっかりと確認をしておきましょう。それでは、今回の内容をまとめます。

 

 

 

 

 

 

●高齢期の感覚器官の低下

  • ○高齢期は感覚機能が低下することがある

 
 
 


▲視覚

  • @老眼になる→遠近感を調節しにくい
  • A水晶体が混濁する→明暗に対応できない
  • B識別する場合、照度を高める必要がある

 

 

 

 

 

▲聴覚

  • @高音域を聞き取れない→他者とのコミュニケーションが困難になる

 

 

 

 

 

▲平衡感覚

  • @平衡機能が低下する→転倒する危険性が高まる

 

 

 

 

○予防法

  • @感覚器官の低下を自覚する
  • A老眼鏡などを活用する
  • B福祉用具を活用する
  • C遠くをみる
  • D家にとじこもらない
  • E外の風景をみる
  • F補聴器等を活用する
  • Gめまい体操を行なう

 

 

 

 

 

このような、事項について理解をしておきましょう。それでは、次回は…

 

 

 

 

「脳血管疾患とは?」

 

 

 

 

について解説をしていきます。

 

 

 

 

 



 

 


HOME プロフィール お問い合わせ