●高齢期の内分泌機能の低下とは?

●高齢期の内分泌機能の低下とは?

 

 

 

 

案件紹介も面接設定も条件交渉もすべてお任せ|スマイルSUPPORT介護

 

 

 

 

 

前回では、高齢期の消化機能の変化について解説をしました。今回は、●高齢期の内分泌機能の低下とは?について解説をしていきます。高齢期には、…

 

 

 

 

「内分泌機能の低下」

 

 

 

 

が発現することがあります。内分泌機能が低下することにより、「血糖値」が上昇しやすくなります。そして、「電解質の異常」が発生する場合があります。血糖値が上昇することにより…

 

 

 

 

 

「体内バランス」

 

 

 

 

に変化が生じます。体内バランスに変化が生じることにより、「糖尿病」などの疾患が引き起こされます。糖尿病に罹患すると、将来的に様々な…

 

 

 

 

「合併症」

 

 

 

 

を併発する恐れがあります。糖尿病のリスクは様々な心身の異常に波及します。糖尿病が進行すると、「腎不全」になる場合があります。腎臓機能が不全状態になると…

 

 

 

 

「透析」

 

 

 

 

が必要になります。人工透析は身体的にも負担が重くなります。そして、精神的な苦痛も生じます。経済的なリスクも生じます。このように、…

 

 

 

 

 

「内分泌、代謝機能」

 

 

 

 

 

が阻害されることで、様々な心身の負担が発生します。重要なことは、心身とは「相互に関連」していることを理解することです。体の一部分に…

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

「異常が生じる」

 

 

 

 

と体全体に波及します。このような、心身の相互関連性について理解をしておきましょう。内分泌の機能低下では、主には血糖値の上昇をもたらします。そして、電解質の異常も生じさせます。そして、…

 

 

 

 

「ビタミンDの利用能力の低下」

 

 

 

 

も発現させます。その結果、「骨粗鬆症」になりやすい、という傾向もあります。このように、内分泌、代謝機能の低下により…

 

 

 

 
「骨粗鬆症のリスク」

 

 

 

 

も上昇します。一見すると、「内分泌機能の低下」「代謝機能の低下」と「骨粗鬆症」は関連性が無いように思えます。しかし、人間の心身は相互に関連しています。このように…

 

 

 

 

「総合的」

 

 

 

 

に人体と精神の関係を理解するようにしましょう。介護福祉士試験に合格するためにも「重要な要素」となります。それでは、今回の内容をまとめます。

 

 

 

 

●高齢期の内分泌機能の低下

  • ○高齢期は、内分泌機能が低下する場合がある
  • ○高齢期は、代謝機能が低下することがある
  • @血糖値が上昇しやすい
  • A電解質の異常が発生する
  • B糖尿病を発症する可能性がある
  • C合併症が発現することがある
  • DビタミンDの利用能力が低下する
  • E骨粗鬆症の原因となる

 

 

 

 

 

○予防法

  • @バランスの良い食事を行なう
  • A適度な運動を行なう
  • B日光浴を行なう
  • C体内が酸性に傾かないようにする
  • D過度に糖分をとらない
  • E疲れを蓄積しない

 

 

 

このような事項について理解をしましょう。それでは、次回は…

 

 

 

 

「●高齢期と感覚機能の変化とは?」

 

 

 

 

について解説をしていきます。

 

 

 

 

 



 

 

 


HOME プロフィール お問い合わせ