●高齢期の呼吸機能の変化とは?

●高齢期の呼吸機能の変化とは?

 

 

 

 

 

案件紹介も面接設定も条件交渉もすべてお任せ|スマイルSUPPORT介護

 

 

 

 

 

前回では、高齢期の循環機能の変化について解説をしました。今回は、●高齢期の呼吸機能の変化とは?について解説をしていきます。高齢期になると、若年期と比較をして…

 

 

 

 

「呼吸機能に変化」

 

 

 

 

が生じます。呼吸機能が変化をすることにより、「ガス交換機能が低下」します。ガス交換機能が低下することにより、「血中酸素濃度」が…

 

 

 

 

 

「下がりやすく」

 

 

 

 

なります。血中酸素濃度が低下することにより、様々な心身の異変が生じるようになります。酸素濃度が低下すると、心身の機能が…

 

 

 

 

 

「低下する傾向」

 

 

 

 

 

になります。そして、運動をすることが困難になることがあります。運動をすることが困難になると、「廃用症候群」の状態に陥ることがあります。このように、…

 

 

 

 

「生活不活発な状態」

 

 

 

 

に陥ることで、廃用症候群の状態になります。廃用症候群になると、更に心身機能が低下します。廃用症候群や生活不活発な状態に陥るとさらに…

 

 

 

 

「呼吸機能が低下」

 

 

 

 

するという悪循環に陥ります。このように、高齢期の呼吸機能の変化は、様々な関連機能に波及します。そして、高齢期の呼吸機能の変化としては…

 

 

 

 

 

「肺活量の減少」

 

 

 

 

 

があります。肺活量が減少することにより、日常生活動作の低下がおこります。なぜなら、肺活量が減少することにより、日常的な生活動作が…

 

 

 

 

阻害」

 

 

 

 

されるからです。そして、日常生活動作の低下は、運動量の低下を招きます。高齢者によっては、住居に「閉じこもり傾向」になる可能性があります。このように…

 

 

 

 

 

「閉じこもり傾向」

 

 

 

 

になることで、外部との接触が「遮断」されます。孤立した状況は、「介護度の悪化」の要因となります。更に外部との刺激が減少することで…

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

「認知機能が低下」

 

 

 

 

する恐れがあります。このように、呼吸機能の低下は、さまざまな心身の異変を引き起こします。そして、高齢者のクオリティーライフに影響を与えるのです。介護福祉士試験でも…

 

 

 

 

「出題」

 

 

 

 

 

されます。しっかりと理解をしておきましょう。それでは、今回の内容をまとめましょう。

 

 

 

 

 

 

●高齢期の呼吸機能の低下

  • @ガス交換機能の低下→血中酸素濃度が低下しやすい
  • A肺活量の減少→息切れしやすい
  • B生活不活発な状態を招く
  • C廃用症候群の遠因となる
  • D日常生活動作の低下につながる
  • E閉じこもり傾向の原因となる
  • F高齢者のクオリティーライフの低下の原因となる

 

 

 

 

 

○予防法

  • @動作をゆっくりと行う
  • Aあせらない
  • B精神的な不安要素をとりのぞく
  • C安心できる趣味をもつ
  • D適度に散歩をする
  • E禁煙をする
  • F低栄養を防止する

 

 

 

 

 

このような事項について理解をしておきましょう。それでは、次回は…

 

 

 

 

「●高齢期の泌尿器の変化とは?」

 

 

 

 

について解説をしていきます。

 

 

 

 

 



 

 

 


HOME プロフィール お問い合わせ